羽曳野市-人・時をつなぐ 安心・健康・躍動とし はびきの

羽曳野市・藤井寺市・太子町シネマプロジェクト

シネマプロジェクト

羽曳野・藤井寺・太子が「映画」の舞台へ!

 羽曳野市・藤井寺市・太子町では、地域資源の魅力を広く内外に発信し、地域ブランドの向上、地域活性化及び観光の振興を図ることを目的として、映画製作への支援を通じた地域活性化プロジェクトを展開していきます。

羽曳野市・藤井寺市・太子町シネマプロジェクト推進会議

 羽曳野市、藤井寺市及び太子町が一体となって、地域を舞台とした映画製作を支援するとともに、イベントの開催等を通じて当該映画を広報することにより、それぞれが有する優れた地域資源の魅力を内外に発信し、地域ブランドの向上、地域活性化及び観光の振興を図ることを目的とするため、「羽曳野市・藤井寺市・太子町シネマプロジェクト推進会議」を設置しています。

※会議の詳細は、こちらをご覧ください。

第6回北京国際映画祭の正式イベント「2016北京・日本映画週間」での上映作品に、『あしたになれば。』が選ばれました!

第6回北京国際映画祭の正式イベント「2016北京・日本映画週間」での上映作品に、『あしたになれば。』が選ばれました!
上映作品は全部で8本、他には黒澤明監督の『乱』や、『ヒロイン失格』『劇場版MOZU』『イニシエーション・ラブ』『ピースオブケイク』などが並んでいます。

羽曳野の風景やぶどうなどの特産品が北京で広まって、羽曳野に訪れる人が増えることを期待します。

「2016北京・日本映画週間」については、こちらをご覧ください。
http://cjiff.net/

映画「あしたになれば。」無料上映会!

平成28年3月13日(日)LICはびきのにおいて開催される「竹内街道・横大路(大道)まつり」において、
映画「あしたになれば。」の無料上映会を行います(ホールMにて14時15分上映開始)。
みなさまのご来場お待ちしております!

「竹内街道・横大路(大道)まつり」の詳しい情報は下記をご覧ください。
http://www.city.habikino.lg.jp/10kakuka/23seisakusuishin/takenouchikaidou1400.html

takenouti1

takenouti2


「わたしの初恋ドーナツコンテスト」グランプリ決定!

平成27年10月25日(日)駒ヶ谷駅西側公園および府営石川河川公園で開催しました「はびきのの夕べ」において、映画『あしたになれば。』にちなんだイベント「わたしの初恋ドーナツコンテスト」が行われました。
羽曳野市・藤井寺市・太子町内のプロ・アマ13組が出場。地元の特産品を生かしたそれぞれの「初恋ドーナツ」が会場を沸かせました!一般投票審査および特別審査員審査により、下記のとおりグランプリが決定いたしました!!

 【グランプリ】   ㈱フラワー (羽曳野市・藤井寺市)
 【準グランプリ】 はびきの園 (羽曳野市)
 【特別賞】     17 セブンティーンズ (太子町)


映画「あしたになれば。」ロケ地マップが完成!

映画「あしたになれば。」の撮影場所や、近隣の観光スポットなどを掲載したロケ地マップが完成しました。
映画の舞台になった「羽曳野市・藤井寺市・太子町」にぜひお越しください!
ロケ地マップは、観光案内所及び各公共施設、駅などで配布しています。

また、このロケ地マップにはQRコードが掲載されており、スマートフォンなどで読み込むとロケ地をめぐる動画をご覧いただけます。

映画「あしたになれば。」のロケ地マップの作成費に宝くじ収益金が使われています。


「わたしの初恋ドーナツコンテスト」出場者募集!

 映画「あしたになれば。」の劇中に登場した「初恋ドーナツ」を題材に、羽曳野市・藤井寺市・太子町の「ご当地グルメ」を決めるべく、「初恋ドーナツコンテスト」を開催します!
 お店、団体、個人など、どなたでも参加できますので、あなたの「初恋」をイメージしたドーナツをつくってみませんか?

 コンテスト参加についての詳細は、募集要項をご覧ください。

初恋ドーナツ


映画『あしたになれば。』あべのアポロシネマでの上映期間延長および大阪での追加上映決定!!

2月14日(土)から「あべのアポロシネマ」にて先行上映されている映画『あしたになれば。』 の上映期間が延長されることになりました!また、「シネ・ヌーヴォ✕」での追加上映も決定しています。詳しくはこちらをご覧ください。

映画『あしたになれば。』のあらすじ、出演者等について

映画『あしたになれば。』のあらすじ、出演者等については、こちらをご覧ください。

『あしたになれば。』 の先行試写会を開催!

 平成27年2月14日(土)、羽曳野市、藤井寺市及び太子町の3市町での各会場にて、映画『あしたになれば。』の先行試写会が行われました。
 先行試写会に先立ち、映画出演者(小関裕太さん、黒島結菜さん、赤井英和さん)や三原監督による舞台挨拶が行われ、昨年夏に行われた撮影の際の裏話などが語られました。
 羽曳野市の会場である「LICはびきの」には、映画への協賛者、協力者、サポーターの方など約400名の方が来場し、完成した映画を鑑賞されました。
 また、会場では映画のオフショットなどの写真展も行われ、多くの方が映画の世界観に触れられていました。

※当日来場者の方に配付しました先行試写会プログラムの「ご協賛いただいた皆さま」の内容に一部誤りがありました。
  (誤)「御菓子司 吉野屋」⇒(正)「御菓子司 吉乃屋」
  関係者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしました。お詫びして訂正いたします。


『あしたになれば。』 協賛者・サポーターのご紹介

 映画『あしたになれば。』は、平成27年2月14日(土)に無事あべのアポロシネマにおいて先行上映をすることができました。ここでは、ご協賛をいただいた皆さま及びサポーターの皆さまのご紹介をさせていただきます。ご協賛者の皆さま、サポーターの皆さま、ご協力をいただき、誠にありがとうございました。

『あしたになれば。』あべのアポロシネマ先行公開記念イベントを開催!

 平成27年2月14日(土)、映画『あしたになれば。』の先行公開を記念して、大阪阿部野橋駅周辺にて記念イベントが開催されました。
 あべのアポロビル・ルシアスビルにおいては映画に関する“写真展&クイズラリー”が行われたほか、両ビル内の飲食店においては映画と3市町にちなみ“ドーナツ&ワインフェア”と題してオリジナルドーナツや地場産のワインがふるまわれ、映画の公開を盛り上げました。
 また、あべのHoop前広場においては、3市町の特産品を揃えた物産展を開催し、映画と地元の魅力をPRしました。
 なお、この記念イベントの一部は、3月上旬まで行われる予定です。詳しくはこちらをご覧ください。


映画『あしたになれば。』劇場鑑賞用前売り券 販売終了

以下のとおり販売していました劇場鑑賞用前売り券は平成27年2月27日(金)をもちまして、販売を終了しました。
ご購入くださった皆さま、ありがとうございました。

 平成27年2月14日(土)より「あべのアポロシネマ」にて、3月16日(月)より大阪市西区九条の「シネヌーヴォX」にて上映される映画『あしたになれば。』の劇場観賞用前売り券が、以下のとおり販売開始となります!前売り特典として、特製ポストカードセットもついてきます!
 皆さま、前売り券を買って劇場で『あしたになれば。』を観賞しましょう!

◆価格     :  1,300円(税込)
◆販売日       :  平成26年12月8日(月)~平成27年2月27日(金)
◆販売場所  : ≪羽曳野市≫ 連絡先 072-958-1111(内:3511・3512)
           ・羽曳野市役所本館1階 市民協働ふれあい課【5番窓口】(平日9時~17時30分)
           ・羽曳野市支所(平日9時~17時30分)
           ・陵南の森総合センター(平日9時~17時30分)
           ・LICはびきの(9時~22時)
           ・はびきのコロセアム(9時~21時)
         ≪藤井寺市≫ 連絡先 072-939-1171
           ・藤井寺市役所6階 総務部政策推進課【61番窓口】(平日9時~17時30分)
         ≪太子町≫
           ・太子町役場庁舎3階 総務室総務政策グループ(平日9時~17時30分)
            連絡先 0721-98-0300
           ・太子町観光・まちづくり協会(9時~17時15分(月・火除く))
            連絡先 0721-21-5798
◆特典     :  特製ポストカードセット(3枚入り)
※全2種(Aセット:料理バージョン、Bセット:ロケ地バージョンからいずれかを選択)




Aセット  料理バージョン (3枚セット)




Bセット  ロケ地バージョン (3枚セット)


映画『あしたになれば。』製作発表が行われました!

平成26年7月9日、羽曳野市駒ヶ谷の杜本神社にて、映画『あしたになれば。』の製作発表が行われました。

当日は、北川羽曳野市長、國下藤井寺市長、浅野太子町長とともに、主役の小関裕太さん、黒島結菜さん、葉山奨之さん、そして小関さんの父親役で出演となる赤井英和さん、母親役の赤間麻里子さん、それに三原監督が出席されました。

台風の影響で時折強い雨が降るにもかかわらず、会場は多くの報道陣で賑わいました。

会見の冒頭、北川市長による挨拶では、「映画を通して地元の魅力を伝えていきたい」という熱い思いが語られました。
主役の小関さんは「期待や不安もあるが青春映画のドキドキ感とワクワク感を楽しみたい」と、
黒島さんは「こんな素敵な役を演じられることに感謝したい」と、
葉山さんは「10代の役なので、自分の10代でしかできないものを伝えたい」とのコメントがありました。
また、赤間さんは「最近少ない三世代の家族が住む家の母親として素敵な家族を演じたい」と、
赤井さんは「南河内の素晴らしい自然や景観を、世界中に伝えたい」と意気込まれました。
最後に三原監督は「大学時代からお世話になっているこの南河内に恩返しするつもりで1カット1カット全霊を込めて撮っている」と述べられ、この会見を締めくくられました。


映画『あしたになれば。』の取材を受けました!

平成26年7月31日、映画『あしたになれば。』に関して、「関西Walker」などを発行する株式会社KADOKAWAが運営するスマートフォン向け地域情報メディア、「Walker47(現:Walker plus)」の取材を受けました。

真夏の日差しの中、わざわざ市役所までお越しいただいた記者のお二人、本当にありがとうございました。

取材では、映画撮影時におけるちょっとした裏話のほか、羽曳野市の特産品や、映画におけるロケ地の紹介なども行いました。

今後、「Walker47(現:Walker plus)」では映画『あしたになれば。』の特集を組んでいただけるそうです。是非こちらもチェックしてみてください!

(一番下の写真:左から、記者の酒井さん、つぶたん、記者の濱谷さん)


イベント等のお知らせ

現在、イベント等の予定はございません。
詳細が決まりましたら、本ページや広報等で随時お知らせします。

次のような取り組みを実施しました。

『あしたになれば。』オリジナル年賀はがきを販売しました!

【日時】平成26年11月12日(水)・11月13日(木) 午前9時30分~
【場所】羽曳野市役所本館1階ロビー
【販売枚数】5,000枚(完売)
※ご購入いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

“はびきの”の夕べでのシネマプロジェクトPR

【日時】平成26年10月26日(日)午後4時~午後8時
【場所】コロコロふれあいパーク(駒ヶ谷駅西側公園)
【内容】映画『あしたになれば。』のPR
・オリジナルメイキング映像の上映
・映画スチール写真パネル展
・オリジナル年賀はがきのPR
※初お披露目となったオリジナルメイキング映像。あたりが夕闇にそまる幻想的な雰囲気の中、多くの方にご覧いただきました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

はびきの七夕祭におけるシネマプロジェクトPR

【日時】平成26年7月6日(日)午後4時~午後8時
【場所】古市駅東広場
【内容】
・羽曳野市・藤井寺市・太子町シネマプロジェクトPR
・エキストラ募集
※雨にもかかわらずご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

はびきの軽トラ市におけるシネマプロジェクトPR

【日時】平成26年6月22 日(日)午前9時~午後1時
【場所】コロコロふれあいパーク(駒ヶ谷駅西側公園)
【内容】
・羽曳野市・藤井寺市・太子町シネマプロジェクトPR
・エキストラ募集

たいし聖徳市におけるシネマプロジェクトPR

syoutokuichi

【日時】平成26年5月18 日(日)午前9時~午後3時
【場所】太子・和みの広場
【内容】羽曳野市・藤井寺市・太子町シネマプロジェクトPR

大坂の陣四百年祭 道明寺合戦まつり -約束の地- におけるシネマプロジェクトPR

【日時】平成26年5月3日(土)午前10時~午後3時
【場所】石川河川敷
【内容】羽曳野市・藤井寺市・太子町シネマプロジェクトPR

はびきの ふじいでら たいし 映画祭

はびきのふじいでらたいし映画祭

【日時】平成26年4月19日(土)午前10時~午後4時
【場所】羽曳野市立生活文化情報センター(LICはびきの)
【イベント概要】
・三原監督映画上映会
・シネマプロジェクト展
・地域物産展
・ステージイベント
・地域の魅力PR展
・わくわく体験
・三原監督トークショー
【来場者】1,200人

Walk & Cinema ~映画「あしたはきっと・・・」のロケ地を訪ねて~

ウォーク&シネマ

映画「あしたはきっと・・・」のロケ地等を巡るウォークイベント
【日時】平成26年4月19日(土)午前10時~午後0時30分
【コース】駒ヶ谷 ⇒ 緑の一里塚 ⇒ 杜本神社 ⇒ 河内ワイン⇒ ふれあいスポット竹之内 ⇒ 白鳥神社 ⇒ 日本武尊白鳥陵古墳 ⇒ 翠鳥園遺跡公園(旧極東キネマ古市撮影所跡) ⇒ LICはびきの
【参加者】36人

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

情報発信元

ページの先頭へ