羽曳野市-人・時をつなぐ 安心・健康・躍動とし はびきの

第6次羽曳野市総合基本計画策定に向けての取り組み

 平成18年4月に策定した「第5次羽曳野市総合基本計画」は、このたび計画期間(平成18年度~平成27年度)の満了を迎えます。
 市民にもっとも近い基礎自治体として、これまで以上に役割と責任を持ち、本市のまちづくりを総合的・計画的に進めるため、まちづくりの長期的な指針として、まちの将来像やまちづくりの基本目標を示す「第6次羽曳野市総合基本計画」の策定に取り組んでいます。

総合基本計画審議会からの答申について

2月1日、「第6次総合基本計画基本構想」について、審議会の吉川会長、木村副会長より答申がありました。審議会は5回にわたり開催され、今後10年間のまちづくりの指針となる基本構想について、活発な議論が行われました。答申の内容を踏まえ、「第6次総合基本計画」の作成を進めます。







  
 
 

 (答申書手交式にて)  
  北川市長と吉川会長(中)、木村副会長(右)

  
 ・答申書PDFファイル(313KB)
 ・総合基本計画基本構想(答申)PDFファイル(2172KB)
  

基本構想(素案)にかかる意見募集(パブリックコメント)の結果について

第6次羽曳野市総合基本計画の基本構想(素案)に対する意見募集(パブリックコメント)を実施したところ、1名の方より3件のご意見の提出がありましたので公表します。貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございました。

 
  ・ご意見の概要と市の考え方についてPDFファイル(165KB) 

 

募集期間(終了しました)

平成27年12月24日(木) ~ 平成28年1月14日(木)

公表場所

市役所本館1F 情報公開コーナーおよび市ウェブサイト

計画の位置づけと役割

 これまでの総合基本計画については、地方自治法において、市町村に対し総合基本計画の根幹部分である「基本構想」について議会の議決を経て定めることが義務付けられていましたが、平成23年の同法の改正により、基本構想の法的な策定義務がなくなり、総合基本計画の策定については市町村の判断に委ねられることとなりました。
 本市においては、目まぐるしく変化する社会情勢や、多様化する市民ニーズに即して、市民と協力・協働しながら総合的かつ計画的にまちづくりを進めるべく、総合基本計画を策定します。

計画の構成と期間

総合基本計画の構成および計画期間は、次のとおり想定しています。

基本構想

 まちづくりの長期的な指針として、まちの将来像やまちづくりの基本目標を示します。計画期間は、平成28年度から平成37年度までの10年間とします。

基本計画

 基本構想を実現するため、まちづくりの中期的な指針として、施策体系・基本事業の体系を示すとともに、施策ごとの現状と課題を整理し、目的や方針、成果指標などを設定します。計画期間は、社会経済情勢等の変化に対応するため、5年とします。

 ○前期基本計画 平成28年度~平成32年度[5年間]
 ○後期基本計画 平成33年度~平成37年度[5年間] (平成32年度に策定予定)

計画策定の体制

 計画策定にあたっては、総合基本計画審議会、市民ワーキング会議、庁内策定委員会など、市民と行政の協働の体制で取り組みます。

総合基本計画審議会

 学識経験者・市民代表・市議会議員により、25人以内で組織し、市長の諮問に応じ、基本構想案について審議・答申を行います。

 
 ・第1回審議会 
日時:平成27年8月11日(火)18時~20時
                場所:羽曳野市役所別館3階会議室
  会議録はこちら(406KB)
  

   配布資料:次第(64KB)
         資料1)総合基本計画審議会規則(116KB)
         資料2)総合基本計画審議会委員構成(90KB)
         資料3)総合基本計画検討に係る経緯(99KB)
         資料4)総合基本計画審議会スケジュール(113KB)
         資料5)基本構想(素案)(1827KB)
         参考資料)総合基本計画基礎資料

 ・第2回審議会 日時:平成27年9月26日(土)13時~15時30分   場所:羽曳野市役所別館3階会議室
  会議録はこちら(450KB)
  
   配布資料:次第(48KB)
          資料1)基本構想(素案)(1830KB)
     

・第3回審議会 日時:平成27年11月8日(日)13時~15時
                場所:羽曳野市役所別館2階研修室
  会議録はこちら(470KB)
 配布資料:次第(56KB)
        資料1)第2回審議会での意見と対応案(141KB)
        資料2)基本構想(素案)(1867KB)
        参考資料1)第5次総合基本計画における目標人口の検証
        参考資料2)基本計画(案)の概要
           

 ・第4回審議会 日時:平成27年12月20日(日)13時~15時   場所:羽曳野市役所別館2階研修室
  会議録はこちら(391KB)
  
   配布資料:次第(49KB)
           資料1)第3回審議会での意見と対応案(182KB)
          資料2)基本構想(素案)(1786KB)

 ・第5回審議会 日時:平成28年1月24日(日)13時~15時 場所:羽曳野市役所別館3階会議室
    会議録はこちら(371KB)
 
     配布資料:次第(53KB)
 
           資料1)第6次総合基本計画基本構想(答申案)(2306KB)
           資料2)答申書(案)(174KB)
           参考資料1)パブリックコメントの結果と市の対応案について

総合基本計画策定委員会

 副市長・教育長・部(室)長職の職員で組織し、総合基本計画の原案の策定や策定に係る総合的な調整を行います。

総合基本計画策定委員会関係課長部会

 総合基本計画策定委員会の部会組織として、課長職の職員で組織し、専門的な事項や分野別施策の研究、審議等を行うとともに、基本計画の素案を策定します。

ワーキンググループ

 関係課長部会の下部組織として、各行政分野から選出された関係職員で組織し、現行計画の評価・分析などを行い、次期計画への施策の展開などについて、意見交換や検討を行います。

市民ワーキング会議の開催

 市民の皆さんが感じているまちの魅力や望ましい羽曳野市の将来像などについて議論いただき、その結果を計画づくりにいかすため、市民ワーキング会議を開催します。

市民アンケート調査の実施

 計画の策定にあたり、広く市民の意見を伺い、次期計画に反映していくことを目的に市民アンケートを実施します。

パブリックコメントの実施

 第6次総合基本計画の基本構想部分について素案を公表することにより、策定過程の公正を確保し、透明性の向上を図るとともに、広く市民等の多様な意見や情報を把握することを目的にパブリックコメントを実施します。

情報発信元

ページの先頭へ