羽曳野市-人・時をつなぐ 安心・健康・躍動とし はびきの

五手治古墳 (ごてじこふん)

所在地:羽曳野市野々上3丁目


 平成7年(1995)の発掘調査によって直径約32m、高さ約3m以上の円墳であることがわかりました。墳丘を二段に築き、幅3から6mの周濠(しゅうごう)がめぐります。墳丘の南西部には外堤(がいてい)につながる陸橋が見つかりました。主体部はすでに削平を受けて施設などは不明ですが、陸橋部上と周溝外には埴輪棺が埋葬されていました。
 出土遺物は車輪石(しゃりんせき)の破片が周溝から見つかりました。埴輪には、普通円筒や朝顔形円筒、ヒレ付円筒埴輪をはじめ、蓋(きぬがさ)・靱(ゆぎ)・盾(たて)・家・船などの豊富な形象埴輪が出土しました。埴輪の特徴などから五手治古墳は、津堂城山古墳よりも古い古墳であることがわかりました。
在りし日の五手治古墳

在りし日の五手治古墳

第1次調査

第1次調査

第2次調査

第2次調査

第3次調査

第3次調査

情報発信元

ページの先頭へ