羽曳野市-人・時をつなぐ 安心・健康・躍動とし はびきの

白鳥陵古墳 (はくちょうりょうこふん 前の山古墳)

所在地:羽曳野市軽里3丁目


 羽曳野市のほぼ中央、羽曳野丘陵から東に延びる中位段丘上に築かれた古墳時代中期の大型前方後円墳です。現在宮内庁によって白鳥陵古墳に治定(じじょう)されています。
 墳丘規模は墳丘長200m、後円部直径106m、前方部幅165mを測ります。前方部の幅が後円部の直径を上回ること、高さは前方部が3m高いなどの特徴があります。くびれ部北側には造出しをもち、周りには幅30から50mの周濠が巡っています。現在周濠に水を湛えており静寂な雰囲気を醸(かも)しだしています。
 日本書紀などによると「日本武尊は遠征の帰り道、伊勢の能褒野(のぼの)で亡くなり白鳥となって大和琴弾原(ことひきはら)を経由して古市に飛来し、また埴生野の空を向かって羽を曳くように飛び去った」と伝えられ、本市の名前の由来となっている古墳です。

前の山古墳全景

前の山古墳全景

情報発信元

ページの先頭へ