羽曳野市-人・時をつなぐ 安心・健康・躍動とし はびきの

応神天皇陵古墳 (おうじんてんのうりょうこふん 誉田御廟山古墳)

所在地:羽曳野市誉田3・5・6丁目


 古市古墳群最大の前方後円墳で、墳丘長約425m、後円部直径250m、高さ35m、前方部幅300m、高さ36mを測ります。百舌鳥古墳群の仁徳陵古墳(大仙古墳)に次いで2番目の大きさを誇ります。また、古墳を築造したときに使用した土の量は約143万立米にものぼり、大仙古墳を上回っています。墳丘は三段に積み重ねられ、斜面は一面に石が 葺(ふ)かれています。テラスと呼ばれる平坦な部分には推定2万本に及ぶ円筒埴輪が立て並べられていたと考えられます。5世紀前半頃の築造と考えられています。
 墳丘のまわりには二重の周濠(しゅうごう)が巡りますが、東側では先に造られた二ツ塚古墳を避けて少しいびつな形になっています。出土遺物には、円筒埴輪や盾・靫(ゆぎ)・家・水鳥などの形象埴輪の他に、蓋形の木製品やクジラ・タコなどの土製品あります。

誉田御廟山古墳全景

誉田御廟山古墳全景

情報発信元

ページの先頭へ