羽曳野市-人・時をつなぐ 安心・健康・躍動とし はびきの

清寧天皇陵古墳 (せいねいてんのうりょうこふん 白髪山古墳)

所在地:羽曳野市西浦6丁目


 古市古墳群の南西部に築かれた前方後円墳です。墳丘長115m、後円部直径63m、前方部幅128mを測り、前方部幅が後円部直径の2倍に達しており、前方後円墳としてはもっとも前方部が発達した形態で、墳形の最終段階を示すものと考えられています。周濠(しゅうごう)は地形に制約されるため、前方部付近には水量調整用の土手が築かれています。また、くびれ部の北側には造出しが存在します。さらに平成15年度の調査で二重目の濠が存在することが判明しました。これらの調査で出土した埴輪などから古墳の築造は6世紀前半頃であったと考えられています。
 なお、墳丘主軸の東延長線上には小白髪山古墳が築かれており、 陪塚(ばいづか)であるとすれば、形態が前方後円墳である点で注目されます。

白髪山古墳全景

情報発信元

ページの先頭へ