着衣泳

さらにもう一人の先生が、浮くもの(ボールやペットボトル)
を投げました!
…が、水上のねらった所に落とすのは、案外難しいんです。

大変!先生が水の中に落ちてしまった!!
もう一人の先生が、網の柄を使って助けようとします。
でも、ひっぱられる力が強くて、助けに行った先生まで
水の中にドボン。ピンチ!!

もしもの場合の体験をしたことで、水場での安全をあらためて考えることができました。

着ていた服を絞ったら、すごい水!
服ってこんなに水を吸うんだね。
どおりで重かったはずだ・・・。

手を8の字に回すと背浮きで進めるよ。

背浮きはとても有効です。
これなら助けが来るまで待てそう。

・・・ではなくて、服を着たまま不意に落ちる体験をしている最中です。
身構えて落ちるなんてこと、普通はないですからね。
落ちるとパニックになってしまう気持ちがよくわかります。

水の中に落とすなんて、先生ひどい!!

一人で助け上げようとするのは危険!
何か浮くものがあれば投げ、
すぐに助けを呼びに行くことが大事!!

水難事故は怖いですよね。もしもの時、自分の身を守るためには??

服を着たまま、いつものクロールをやってみる。

「服、重っ!!進まれへん・・・」
デモンストレーション

ビニール袋をうまくふくらませると、
こんなふうに浮くことができます。
持っていたり近くに落ちていたりした場合は、
利用できそうですね。