3年生 1学期

 3年生は、1学期、春の遠足、社会見学、高小フェスティバル、5年生とのペア交流に取り組みました。特に社会見学は4回も校外に出て、見て、聞き取りをして、メモを取って、学校の中ではできない経験をすることができました。
 たくさんの行事があったので、友だちのことを知ったり、自分のことを知ってもらったり、また、友だちと協力するよいきっかけとなった1学期でした。

春の遠足
4月14日(月) in大泉緑地
 3年生になってはじめての春の遠足で大泉緑地公園に行きました。この日は晴天、遠足日和です。まずは、遊具がたくさんある「わんぱくランド」で自由に遊びました。
 お弁当を食べた後は、中央花壇前広場で「進化じゃんけん」や「猛獣狩り」などの集団づくりのゲームをしました。「進化じゃんけん」では、じゃんけんが強くてすぐにたまごから人間になれた子どももいましたが、なかなか勝てず進化できない子どももいました。みんなで「がんばれー!!」と応援し、最後の一人が勝てたときには、みんなでハイタッチをして喜びました。「猛獣狩り」では、「猛獣狩りに行こうよ〜♪」の歌に合わせて、みんなノリノリでした。「シロナガスクジラ」と先生に言われて、8人グループになるのがとても大変そうでした。また、理科の学習の一環として、春の自然観察も行いました。きれいな花を見つけたり、だんご虫を捕まえたりして、みんな大喜びでした。駅までの長い長い道のりもがんばって歩くことができました。3年生の最初の楽しい思い出となりました。
社会見学の校区めぐり
 社会科の授業で校区めぐりに行きました。校区を島泉地区、高鷲地区、恵我之荘地区の3つの地区に分けて、それぞれ見学しました。子どもたちが住んでいる校区。改めて見学して回ると、たくさんの驚きや発見がありました。
 島泉地区は住宅や田畑が多く、高鷲地区は高鷲駅という大きい駅があり、その周辺にはお店があり、家がたくさん立ち並んでいます。恵我之荘地区が駅前から道に沿ってお店が立ち並んでいて商店街になっています。
 みんな「へぇ〜、こんなところにお店があるんだ!」「このお店でお家の人が働いているよ〜。」「この畑で何を育ててるんだろう?」など、たくさんの気づきや発見がありました。
 校区めぐりのあと、学校でしっかり振り返りをし、授業でみんなで意見を出し合い、考えを深め、「高小校区すてきマップ」を書きました。そして、休日参観では、すてきマップの内容をお家の人の前で発表もしました。
高小フェスティバル
5月29日(木) 高小フェスティバル
 これまで、上級生の人たちに楽しませてもらってきた「高小フェスティバル」ですが、今回は自分たちがみんなを楽しませる出番になりました。
 1組は「たからさがし迷路」、2組は「ミリオンスプーン」を創りました。本番に向けて、何をするのか、どんな係が必要なのか、準備物は何がいるのか、時間をかけて話し合いました。「ああでもない、こうでもない。」「1年生から6年生まで楽しんでもらうにはどうしたらいいのか。」と考え、話し合っている姿は、もうすっかり中学年でした。
 本番では、受付の係の子どもたちは「いらっしゃいませー!」と大きな声でお客さんを迎えていました。説明係の子どもたちは1年生にも分かるように丁寧にルールを伝えることが出来ていました。
 それぞれのクラスの中では、自分たちが創り上げたものを使って、来てくれたお客さんを喜ばしたり、おどかしたり、楽しませたりしました。
 お店番でないときは、仲の良い友だちとお化け屋敷やスタンプラリーなど、いろいろなクラスを回り、楽しいフェスティバルになりました。
 
5年生とのペア交流
 5年生とのペア交流は、1学期に2回行いました。1回目は運動場で「けいどろ」、「猛獣狩り」などのゲームと「ダブルダッチ」という二本の縄を使った縄跳びを教えてもらいました。ダブルダッチは、「こわいー!」「むずかしいー!!」と言っていた3年生ですが、5年生に優しく教えてもらいながら、短時間で跳べるようになった子どももちらほら・・・とても、楽しい時間になりました。
 2回目はプール交流をしました。「流れるプール」をしたり、「もぐってじゃんけん」「やまんばさんの言うとおり」などゲームをして楽しませてもらいました。
 3年生は、2学期も5年生と交流できることを楽しみにしています!!

もどる