モニタリング(指定管理者業務評価)

モニタリングとは

 モニタリングとは、指定管理者制度導入施設について、指定管理者による施設の管理運営が、法令、条例、協定書、仕様書、事業計画書等に基づき適正に実施されているか、また、適正なサービスが提供されているか等を確認し、管理運営実績の評価を行うことをいいます。

 モニタリングにあたっては、外部有識者等による評価を取り入れ、必要に応じて改善に向けた指導及び助言又は指示を行うことにより、当該施設の管理運営の適正を期することとしています。

 市では、モニタリング実施要領に基づき、指定管理初年度の業務実績について、指定管理2年目に評価を行っております。

モニタリングの結果 (平成29年度実施)

 今回実施したモニタリングの結果は、次のとおりです。指定管理初年度の平成28年度業務実績に関して、指定管理2年目の平成29年度に評価を行いました。各施設の業務評価シートについては、下表をご覧ください。

 


施設名をクリックすると、各施設の指定管理者業務評価シートが表示されます。

 

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 総務部 行財政改革推進室
行財政改革推進課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-0212

メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年01月05日