世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の魅力を味わう市民講座

 私たちのまちには、世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」があります。「人類全体の宝」となった「百舌鳥・古市古墳群」の魅力に、さまざまな視点から迫ります。皆さんの知的好奇心をくすぐるような講演です。

 <主催> 羽曳野市世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」保存・活用実行委員会
       (羽曳野市教育委員会、NPO法人フィールドミュージアムトーク史遊会、羽曳野まち歩き
       ガイドの会、四十四の会)

令和3年度文化庁文化芸術振興費補助金(地域文化財総合活用推進事業)

令和3年度 世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の魅力を味わう市民講座(第1回)

ただいま募集中です。

講演「古墳時代の大きな転換-婚姻のあり方からみた人々の生活-」
    岡山大学文明動態学研究所教授 今津 勝紀(いまづ かつのり)氏

 【とき】 令和3年10月16日(土曜日)14時から15時30分

 【場所】 羽曳野市市民会館 ホール
      (羽曳野市誉田1丁目4-4)

 【定員】 150人(事前申込み要。先着順)

 【費用】 500円(資料代)

 【申込み・問い合わせ先】
  はがき、または電子メール(電話申込不可)
  はがき、電子メールには氏名・住所・連絡先(電話番号)を明記してください。
  ※1枚のはがき、または1通の電子メールで、5人まで申し込むことができます。
   (全員の氏名と、代表者の住所・連絡先を明記)

   〈はがきの送付先〉
   〒583-8585 大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
   羽曳野市教育委員会
   世界遺産・文化財総合管理室 世界遺産課あて
   〈メールアドレス〉
   sekaibunka@city.habikino.lg.jp

※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、内容の変更、または開催できない場合があります。ご了承ください。

古市古墳群(南西から)

今津 勝紀氏

令和3年度 世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の魅力を味わう市民講座(第2回)

今後の予定(申込などの詳細は10月ごろお知らせします)

高田 貫太氏

講演「古墳時代のアクセサリー -百舌鳥・古市古墳群が営まれたころの倭と古代朝鮮-」
国立歴史民俗博物館教授 高田 貫太(たかだ かんた)氏

【とき】 令和3年11月20日(土曜日) 14時から15時30分

【場所】 羽曳野市市民会館 ホール
       (羽曳野市誉田1丁目4-4)

令和3年度 世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の魅力を味わう市民講座(第3回)

今後の予定(申込などの詳細は11月ごろお知らせします)

廣瀬 覚氏

講演「埴輪からみた百舌鳥・古市古墳群の王陵造営」
奈良文化財研究所 都城発掘調査部飛鳥・藤原地区 考古第一研究室長 廣瀬 覚(ひろせ さとる)氏

【とき】 令和4年1月29日(土曜日) 14時から15時30分

【場所】 羽曳野市市民会館 ホール
     (羽曳野市誉田1丁目4-4)

令和2年度の世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の魅力を味わう市民講座

こちらの市民講座は令和2年度に終了しました。

松木 武彦氏

講演「なぜむかしの人々は、巨大な古墳をつくったのか?」
国立歴史民俗博物館教授 松木 武彦 (まつぎ たけひこ)氏

【とき】 令和2年9月26日(土曜日) 14時から15時30分

【場所】 LICはびきの ホールM
     (羽曳野市生活文化情報センター)
     (羽曳野市軽里3丁目1-1)

北條 芳隆氏

講演「稲束と巨大古墳づくり-古市・百舌鳥古墳群に投下された財源-」
東海大学教授 北條 芳隆 (ほうじょう よしたか)氏

【とき】 令和2年10月31日(土曜日) 14時から15時30分

【場所】 羽曳野市市民会館 ホール
       (羽曳野市誉田1丁目4-4)

新納 泉氏

講演「達人の技-誉田御廟山古墳(応神天皇陵古墳)の設計原理に迫る-」
岡山大学名誉教授 新納 泉 (にいろ いずみ)氏

【とき】 令和2年11月29日(日曜日) 14時から15時30分

【場所】 羽曳野市市民会館 ホール
      (羽曳野市誉田1丁目4-4)

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市教育委員会事務局
世界遺産・文化財総合管理室 世界遺産課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-956-7196

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年09月06日