地域包括支援センター

 地域包括支援センターは、高齢者のための総合的な支援センターです。
 ご家族、ご本人の介護や健康に関すること、お困りごとなどがありましたらお気軽にご相談ください。
 専門職員(保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員、介護支援専門員)が対応します。

地域で暮らしていくさまざまな相談にのります(総合相談支援業務)

 地域包括支援センターでは、介護に関する相談や心配ごと、悩み以外にも健康や福祉、医療や生活に関することなどの相談に応じており、相談の内容に応じて適切なサービスや機関、制度への利用につなげます。

 また、身近な地域でも相談を受けていただけるよう、在宅介護支援センターでも相談窓口を開設していますのでご利用ください。

みなさんの権利を守ります(権利擁護業務)

高齢者虐待の防止

地域包括支援センターでは、高齢者虐待防止の相談窓口として対応しています。

虐待事例を把握した場合は関係機関と連携し、支援体制をつくります。

成年後見制度利用支援

認知症や精神疾患などで金銭管理や契約に支障がある場合、

成年後見制度を利用することができます。

 地域包括支援センターでは、成年後見制度の説明や親族による申し立てに関する相談、紹介を行っています。

 成年後見制度とは、家庭裁判所の選任する後見人が、不動産や預貯金などの財産管理、介護保険サービスや賃貸住宅、高額な商品売買契約に関する代理権、取消権を行使し、また安全に生活できるように配慮する身上監護により、高齢者の財産と生命を守る制度です。

消費者相談

 悪質な詐欺商法や消費者金融、住宅リフォームなどの被害が増えています。

 まずは地域包括支援センターに相談していただき、状況をよく伺ったうえで、警察や消費生活センターなどの関係機関と連携して対応します。

自立して生活できるように支援します(介護予防支援業務)

 高齢になっても、トレーニングや訓練を行うことで、心身の機能を向上させることができます。

元気なうちから、介護予防に取り組むことが大切です。

運動機能や口腔機能の向上を目指す介護予防教室をご紹介します。

さまざまな機関とネットワークをつくり、みなさんを支援します

認知症高齢者支援のためのネットワークづくり

 認知症高齢者支援や高齢者虐待防止のための関係機関によるネットワークづくりをすすめています。

 また、医療と介護のサービスが切れ目なく、スムーズに受けられるよう、医療と介護の連携をすすめています。

地域での支え合いのネットワークづくり「ふれあいネット雅び」

 区長や民生委員などで組織する校区福祉委員会を母体として、そこに羽曳野市社会福祉協議会や在宅介護支援センターをはじめとする地域の専門機関、行政の担当部署などが参加して「ふれあいネット雅び」の取り組みをすすめています。

 これは、地域の高齢者など困りごとを抱えた方を地域で見守り、必要な支援に適切、迅速に結びつけるためのネットワークです。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 地域包括支援課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-950-1030

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年07月01日