老人医療(一部負担金相当額等一部助成)助成制度

 (平成30年4月改正後)

◎平成30年4月1日から、各制度との整理・統合を行い、対象者の範囲を変更します。

障害者医療、ひとり親家庭医療と整理・統合し、重度以外の精神障害者・難病患者と結核患者は対象外となります。

※平成30年3月31日時点での老人医療対象者については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。なお、平成33年3月末までの間に現行の老人医療費助成制度の対象者の条件を満たさなくなった場合は、その時点で対象外となります。

詳しくは、「羽曳野市の福祉医療費助成制度が変わります」をご覧ください。

助成対象

  1. 身体障害者手帳1級又は2級をお持ちの方
  2. 療育手帳の判定Aをお持ちの方
  3. 養育手帳の判定がB1で、身体障害者手帳もあわせてお持ちの方
  4. 特定医療費(指定難病)助成制度の対象となる疾患を有する方
    (ただし、対象となるのは一部の疾患に限られます。下記「対象疾患一覧」PDFファイルをご覧ください。)
  5. 結核患者票をお持ちの方
  6. 自立支援医療受給者票(精神通院)をお持ちの方
  7. ひとり親家庭として18歳未満の児童を養育されている方

 ただし、生活保護受給中の方は対象外です。

いずれも所得制限がありますので、詳しくはお問い合わせください。

 

助成範囲

入院と通院の医療費と入院時食事代

医療機関窓口で支払う一部負担金は、1医療機関あたり入・通院とも1日500円を限度とし、1ヶ月あたりの上限額は3,000円となります。

※訪問看護利用料の自己負担の一部についても助成します。(助成内容は上記と同じ。)

※精神病床への入院医療費は助成の対象ではありません。ただし、平成30年3月末までに資格認定され、4月以降も継続して資格認定されている方は、平成33年3月末まで助成対象となります。

※平成30年3月末時点で入院時食事療養費の助成資格のある方は、経過措置として平成30年10月31日まで対象となります。

償還払い(払い戻し)について

  • 医療証の交付前に受診したとき
  • 大阪府以外の医療機関で受診したとき
  • コルセット等の治療用装具を購入されたとき

※1ヶ月の自己負担額が1人あたり3,000円を超えた場合については、自動的に払戻しになります。(初回のみ口座登録の為の申請書をお送りします。)詳しくは下記の連絡先にお問い合わせください。  

手続きに必要なもの

  1. 領収書原本(氏名、診療点数、金額等の入ったもの)
  2. 老人医療証
  3. 健康保険証
  4. 印鑑
  5. 振込先口座のわかるもの
  6. 医師の意見書と装具装着証明書(治療用装具の場合)
  7. 健康保険の支給決定通知書(治療用装具の場合で社会保険に加入されている方)

助成額については、健康保険等で別途給付があった場合は、保険者との調整により決定されます。また、郵送での申請をご希望の場合は、必ず下記お問い合わせ先まで申請方法をご確認いただき、次の医療費助成申請書を用いて申請してください。

老人医療証の発行について

 対象者には老人医療証を交付します。下記のものを本庁の保険年金課3-5番窓口へご持参のうえ、交付の申請をしてください。

申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 身体障害者手帳・療育手帳
  • 特定医療費(指定難病)受給者証
  • 結核患者票
  • 自立支援医療(精神通院)受給者証
  • 所得証明書(1月2日以降に転入の方)

医療機関に受診の場合

必ず老人医療証と健康保険証を一緒に提示してください。ただし、大阪府外では使用できません。大阪府外で受診されたときは、「償還払い(払い戻し)について」をご覧ください。

届出が必要なとき

  • 引越しをされた時
  • 氏名等が変更になった時
  • 加入保険が変更になった時

 転出等で資格がなくなったときは、必ず医療証を返却してください。

 そのまま使用された場合、全額返還していただくことになりますのでご注意ください。

福祉医療輪になって
この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 保険年金課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-9010

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年08月01日