平成30年4月から羽曳野市の福祉医療費助成制度が変わります

福祉医療費助成制度は、障害のある方やひとり親家庭などの方々を対象に、医療費の自己負担の一部を助成する市の独自制度として、大阪府の補助金を受け運営しています。助成を対象とする方々が安心して医療を受けられるように制度を見直し、平成30年4月1日から次の3つの項目を変更します。

なお、4月以降も、医療証に記載された有効期間内は、現在お持ちの医療証をお使いください。

[障害者医療費助成制度]
名称を「重度障害者医療費助成制度」に変更し、対象者に次の方を追加します。

1.精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方
2.指定難病(特定疾患)受給者証所持者で障害年金又は特別児童扶養手当1級をお持ちの方
3.現行、老人医療費助成を受けている身体障害者手帳又は療育手帳をお持ちの方

[ひとり親家庭医療費助成制度]
対象者に、次の方を追加します。

1.裁判所から配偶者暴力等(DV)に関する保護命令が出されたDV被害者の方
2.現行、老人医療費助成を受けているひとり親家庭の親又は養育者の方

[老人医療費助成制度]
各制度との整理・統合を行い、対象者の範囲を変更します。

障害者医療、ひとり親家庭医療と整理・統合し、重度以外の精神障害者・難病患者と結核患者は対象外となります。

※平成30年3月31日時点での老人医療対象者については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。なお、平成33年3月末までの間に現行の老人医療費助成制度の対象者の条件を満たさなくなった場合は、その時点で対象外となります。

[重度障害者医療費及び老人医療費助成制度]
医療機関の窓口などでお支払いいただく金額を変更します。

  平成30年3月31日まで 平成30年4月1日から
制度名 障害者医療・老人医療 重度障害者医療
窓口負担 500円以内/回 500円以内/回
院外調剤 負担なし 500円以内/回
同一医療機関の負担上限額 月2回まで(1,000円以内) 3回目以降も負担
月額上限額 2,500円 3,000円
入院時食事療養費 窓口での支払い無料

※非課税世帯のみ無料

(後日請求必要)

※障害者医療と老人医療のうち、平成30年3月31日時点で入院時食事療養費の助成資格のある方は、経過措置として平成30年10月31日まで対象となります。

※非課税世帯とは、健康保険制度上の住民税非課税世帯であって、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けている方をいいます。平成30年4月1日より、医療機関の窓口で支払った入院時食事療養費について、後日市に請求することで払い戻しとなります。

※1ヶ月の自己負担額が1人あたり3,000円を超えた場合については、自動的に払戻しになります。(初回のみ口座登録の為の申請書をお送りします。)詳しくは下記の連絡先にお問い合わせください。

※ひとり親家庭医療と子ども医療については変更ありません。

[重度障害者医療費、老人医療費、ひとり親家庭医療費及び子ども医療費助成制度]

・助成対象となる医療費などを次のとおり変更します。

1.精神病床への入院医療費が助成対象外になります。
※平成30年3月末までに資格認定され、4月以降も継続して資格認定されている方は、平成33年3月末まで助成対象となります。

2.訪問看護ステーションが行う訪問看護利用料(医療保険分)が新たに助成対象になります。

平成30年4月からの各医療費助成制度の内容

重度障害者医療費助成制度

羽曳野市内にお住まいの、国民健康保険や被用者保険に加入している方で、次のいずれかに該当する方。ただし、本人の所得について、所得制限があります。

<助成対象>


1.身体障害者手帳1級又は2級をお持ちの方
2.療育手帳の判定Aをお持ちの方
3.療育手帳の判定がB1で、身体障害者手帳もあわせてお持ちの方
4. 精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方
5. 指定難病(特定疾患)受給者証をお持ちの方で障害年金又は特別児童扶養手当1級をお持ちの方

ただし、生活保護受給中の方は対象外です。

  ◎所得制限額・・・障がい基礎年金の全部支給停止基準と同じ。

扶養人数0人の場合 462万1千円以下(扶養人員1人につき38万円を加算)

<助成範囲>

○入院と通院の医療費と入院時食事代
医療機関窓口で支払う一部負担金は、1医療機関あたり入・通院とも1医療機関あたり1日500円を限度とし、1ヶ月あたりの上限額は3,000円となります。
また、入院時食事療養費の標準負担額又は入院時生活療養費の標準負担額(食事提供に関わる部分)については、健康保険制度上の住民税非課税世帯であって、限度額適用・標準負担額減額認定証の交付を受けている方のみ助成対象となります。
※訪問看護利用料の自己負担の一部についても助成します。(助成内容は上記と同じ。)
※精神病床への入院医療費は助成の対象ではありません。ただし、平成30年3月末
までに資格認定され、4月以降も継続して資格認定されている方は、平成33年3月末まで助成対象となります。

ひとり親家庭医療費助成制度

羽曳野市内にお住まいの、国民健康保険や被用者保険に加入している方で、次のいずれかに該当する方。ただし、本人の所得について、所得制限があります。

<助成対象>

〇18歳(の誕生日以降最初の3月31日)までの児童

1. 父母が婚姻を解消したもの
2. 父又は母が死亡したもの
3. 父又は母が別に定める程度の障がいのあるもの
4. 父又は母が生死が明らかでないもの
5. 父又は母が引き続き1年以上遺棄しているもの
6. 父又は母が法令により引き続き1年以上拘束されているもの
7. 母が婚姻によらないで懐胎したもの
8. 7に該当するかどうか明らかでないもの

〇父又は母
1~8の児童を監護するとき

〇養育者
9.父母が死亡した児童を養育するとき
10.父又は母が監護しない1~8に掲げる児童を養育するとき

※裁判所から配偶者暴力等(DV)に関する保護命令が出されたDV被害者を含む。

  ◎所得制限額・・・児童扶養手当の一部支給の所得制限限度額と同じ

扶養人数0人の場合 父母等 192万円未満、扶養義務者等236万円未満(扶養人員1人につき38万円を加算)

<助成範囲>

○入院と通院の医療費と入院時食事代
医療機関窓口で支払う一部負担金は、1医療機関あたり入・通院とも1日500円を限度に2日目までご負担いただき、3日目からは不要となります。つまり、1医療機関でお支払いただく負担の上限は、1ヶ月1,000円まで(入・通院別)となります。ただし、調剤薬局については一部負担金はありません。
また、入院時食事療養費の標準負担額についても助成します。
※訪問看護利用料の自己負担の一部についても助成します。(助成内容は上記と同じ。)
※精神病床への入院医療費は助成の対象ではありません。ただし、平成30年3月末までに資格認定され、4月以降も継続して資格認定されている方は、平成33年3月末まで助成対象となります。

子ども医療費助成制度

羽曳野市内にお住まいの、国民健康保険や被用者保険に加入している方で、次のいずれかに該当する方。所得制限は設けておりません。

<助成対象>

入院・通院:0歳~15歳の中学校3年生まで(15歳になった後の最初の3月31日まで)

<助成範囲>

〇入院と通院の医療費と入院時食事代
医療機関窓口で支払う一部負担金は、1医療機関あたり入・通院とも1日500円を限度に2日目までご負担いただき、3日目からは不要となります。つまり、1医療機関でお支払いただく負担の上限は、1ヶ月1,000円まで(入・通院別)となります。ただし、調剤薬局については一部負担金はありません。
また、入院時食事療養費の標準負担額についても助成します。
※訪問看護利用料の自己負担の一部についても助成します。(助成内容は上記と同じ。)
※精神病床への入院医療費は助成の対象ではありません。ただし、平成30年3月末までに資格認定され、4月以降も継続して資格認定されている方は、平成33年3月末まで助成対象となります。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 保険年金課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-9010

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年04月01日