インフルエンザに注意しましょう!

インフルエンザの基礎知識

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。子どもではまれに急性脳症を、高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

インフルエンザにかからないようにするために

●こまめな「手洗い」をしましょう。
 手指などに付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法です。
 手洗いは、石けんを使って15秒以上、手のひら・手の甲・指の間・指先と爪の間、手首をしっかり洗いましょう。
●室内の乾燥に気をつけ、適度な湿度を保ちましょう。
  空気が乾燥すると粘膜の防御機能が低下します。加湿器等で、湿度を50~60%に保つようにしましょう。
●日ごろから十分な栄養や睡眠をとり、抵抗力をつけましょう。
●流行期間中は、人ごみを避けましょう。
 繁華街やデパート、電車など人が集まるところにはウイルスがたくさんいます。どうしても外出が必要な場合は、なるべく混雑しない日や時間帯を選び、短時間で済ませるようにしましょう。
●やむをえず人ごみに出る場合は、不織布(ふしょくふ)マスクを着用しましょう。
 (不織布マスク:薬局やコンビニエンスストアなどで一般に家庭用マスクとして市販されています。)

せきエチケットについて

●マスクをせずにくしゃみをすると、ウイルスが2~3m飛ぶといわれています。
●せき、くしゃみが出たら、人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクをつけるときは取扱説明書をよく読み、正しくつけましょう。鼻 からあごまでを覆い、隙間がないようにつけましょう。
●マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を覆い、他の人から顔をそむけ、1m以上離れましょう。
●鼻汁、痰などを含んだティッシュは、すぐにゴミ箱に捨てましょう。

インフルエンザにかかった場合の対応

●早めに医療機関を受診し、治療を受けましょう。
●安静にして、休養をとりましょう。
●外出を控え、無理をして学校や職場などに行かないようにしましょう。インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。
●水分を十分に補給し、脱水にならないようにしましょう。
●部屋の湿度を50%~60%程度に保ちましょう。
●せき、くしゃみ等の症状がある場合は、周りの方にうつさないよう、不織布マスクを着用しましょう。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 健康増進課
大阪府羽曳野市誉田4丁目2番3号
電話番号:072-956-1000
ファックス番号:072-956-1011

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年01月21日