留守家庭児童会 学習支援事業

留守家庭児童会 学習支援事業 最新情報

・学習支援きらきら☆レポート vol.2をupしました!

留守家庭児童会 学習支援事業とは

挿絵

 羽曳野市では、市職員が1週間に1回、留守家庭児童会(学童教室)に出向き、在籍児童に対して、宿題の確認やテストで間違えた箇所の解説を行うなど、児童に対するきめ細やかな学習支援を行っています。

子どもたちは学童に帰ってくると、すぐに宿題を始めます。
その際に、巡回指導して、質問を聞いたり、宿題の確認など行っています。

留守家庭児童会 学習支援事業の様子の写真

留守家庭児童会 学習支援事業 活動の様子

学習支援きらきら☆レポート vol.2

こんにちは!今年度2回目の学習支援きらきら☆レポートをお届けする山中です。私は今年度から羽曳が丘小学校を担当しています。市内学校の学童教室で一番人数が多いこともあり、顔と名前を覚えるのに現在奮闘中です。
一方子どもたちも、見慣れない私に対し、照れくさくてしゃべりかけられない子、興味津々で私の名札をじーっと見つめる子、いきなり今日の出来事を話してくれる子など・・・子どもたちの個性を感じます。私の名前も覚えてほしいので、「私の名前はなんでしょうクイズ」を始めたりします。(だいたいの子どもたちは、忘れたことを私に気付かれまいと照れ笑い。)それを繰り返すと・・・いきなり「覚えてんで!山中先生やろ!」それに加えて、「先週はスカート履いてたやんな!」や「前髪切ってるやん!」と私の情報もプラスして得意げな様子。子どもたちの観察力に驚きつつ、きちんとしないとなあ、と襟を正されています。

それでは今回も、未来の可能性を大いに秘めた子どもたちのきらきらした様子をお届けします!

学習の様子1

学校での興奮が冷めやらぬまま、着替え終わったら宿題開始。みんな目の前の問題と必死に戦います。一週間前は解けなかった問題も、翌週にはすらすら解けていることもしばしば。私の出る幕はないか・・・と少し寂しい気持ちになる反面、成長も感じる嬉しい瞬間です。

学習の様子2

担任の先生からのはなまるは、子どもたちのやる気の原動力です。「今日もはなまるもらったで!」と、私に見せてくれるその目はまさに“きらきら”しています。中には字を書くのが得意でない子もいますが、きれいには書けなくても、丁寧に書くよう声かけしています。「次は自己ベストの字で書いてね!」と言うと、気合いの入った一文字を書いてくれます。

学習の様子3

学年が上がるにつれ宿題の量が増えてくると、心が折れかけることもあるみたい。「もう嫌や~」の声が毎週どこかから聞こえてきますが、それでも何とかめげずにやり遂げようとする姿は頼もしい限りです。この努力は必ず実力に変わると信じ、子どもたちをサポートしていきたいと思います。

いかがでしたか?普段あまり見られない教室での子どもたちの様子をお届けできたでしょうか。夏休みまで残り2週間。そろそろ子どもたちの予定を教えてもらえるのではないかと楽しみにしています。それでは次回のきらきら☆レポートでお会いしましょう!

学習支援きらきら☆レポート vol.1

今年度第一回目の学習支援きらきら☆レポートは、丹比小学校担当・内本からの報告です。
今回は、新年度を迎えた教室のきらきらポイントをみなさんに紹介したいと思います。

丹比学童教室学習の様子1

◇先生これなに

学校の授業が終わると、新1年生が元気いっぱいで学童教室に帰ってきます。大きな声で「ただいま!」と挨拶するやいなや「先生見てー!」「先生こんなんあったでー」といろんな発見を教えてくれます。
宿題に取り掛かっても、とどまることを知らない好奇心そのままに、宿題プリントの問題だけでなく、イラストまでもが「先生これなんやろなー?」とギモンのターゲットにされてしまいます。
学習支援にあたっては、色々な疑問を「なんで?」「わからん」のままで終わらせてしまわないように、こちらで言葉を補いながらこども達が「わかった!」にたどり着くことを目指しています。
 

丹比学童教室学習の様子3

◇あっ先生わかった

「先生わからんー」この声が出ると学習支援担当の出番です。
学習中の教室は静かなので、なかなか「わからんー」と声を出せない子にはこちらから声を掛けることもありますが、とにかくみんなの「先生わからんー」が出動の合図です。
時には解答用紙に何も書かずに「わからんー」を言ってくる場合もあるのですが、一緒に問題を読みはじめると、途中で「わかった!こうやろ!」と自分で解けてしまうこともよくあります。そんなときには「わかったから先生もうええわー」と笑顔で冗談を言ってくる子どももいたりして。
漢字の書き写し、計算ドリル、文章題など、様々なこども達の「わからんー」に対して一つ一つ対応することで、小さな「わかった」の積み重ねが自信となっていき、さらに学習に前向きに取り組めるきっかけになれば、と思っています。
 

丹比学童教室学習の様子3

学習支援をしていると、さっきまでそわそわしていた児童が、急にやる気のスイッチを入れて集中していることがよくあります。どこにスイッチがあったの?と思いつつ、その凛々しい後ろ姿を見るたびにいつも感動しています。そんな子ども達の成長にも期待しつつ、これからも毎週教室に向かいますので、みんな一緒に頑張りましょう!

過去の学習支援きらきら☆レポートについて

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市長公室 政策推進課
特命プロジェクトチーム
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-0212

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年07月10日