パスポート(旅券)申請のご案内

平成25年10月1日からパスポート(旅券)発給事務の一部が大阪府から羽曳野市に移譲されました。

移譲事務は、一般旅券の申請受理や交付などです。

取扱時間と申請・受け取り窓口

取扱日時

申請:平日(月曜日~金曜日)午前9時~午後4時30分まで
受け取り:平日(月曜日~金曜日)午前9時~午後5時30分まで
取扱終了時間が異なりますので、ご注意ください。
土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)を除きます。

窓口のご利用について
取扱時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始
申請:(午前9時~午後4時30分)
受け取り:(午前9時~午後5時30分)

申請・受け取り窓口

羽曳野市役所1階 市民課パスポート窓口(市役所 本館1階 2番窓口)
電話番号:072-947-3650

支所では手続きができませんのでご注意ください。

申請について

ダウンロード申請書による申請の開始

平成30年10月1日から「ダウンロード申請書」による旅券申請を受け付けます。また、手書きの申請書も従来通り受け付けます。

詳しくは下記リンク先をご確認ください。

羽曳野市で申請できる方

  • 日本国籍を有し、羽曳野市に住民登録している方
  • 日本国籍を有し、他市に住民登録している方で、単身赴任や通学などのため羽曳野市に居住の事実があり、一定の条件を満たし、それを証明できる方(居所申請)

次に該当する場合は、大阪府パスポートセンターで手続きを行ってください。

  1. 通勤、通学などで羽曳野市の取扱時間に手続きが困難
  2. 午後5時30分を過ぎてパスポートの受け取りを希望
  3. 日曜日にパスポートを受け取りたい。
羽曳野市でできる申請
新規申請 初めてパスポートを申請する場合やパスポートの有効期間が切れた場合など
切替新規申請 パスポートの残存有効期間が1年未満で新たに申請する場合、損傷したパスポートを新しいものに切り替える場合、IC旅券ではない旅券をIC旅券に切り替えを希望する場合など
訂正新規申請 有効なパスポートの記載事項(氏名や本籍地の都道府県名など)に変更があり、新たに申請する場合など
記載事項変更申請 有効なパスポートの記載事項(氏名や本籍地の都道府県名など)に変更があり、申請時にお持ちの有効なパスポートを返納し、その返納したパスポートと有効期間満了日が同一となるパスポートを新しく発行する場合 
平成26年3月20日に旅券法の一部を改正する法律が施行されることに伴い「記載事項の訂正」の制度は廃止されました。
査証欄増補申請 有効なパスポートの査証欄の余白を追加する場合
紛失等の届出 有効なパスポートを紛失、盗難、消失などした場合

羽曳野市ではできない申請

次の場合は大阪府パスポートセンターでの申請手続きが必要です。詳しくは大阪府パスポートセンター本所(電話番号:06-6944-6626)にお問合せください。

  • 申請者が市の区域外で就労または就学しているなどの理由により、市の窓口の取扱時間に交付を受けることが困難な場合
  • 外務省と協議を行う必要のある特殊な場合(例:申請者が外国にいる親族等の疾病、事故、天災による死亡、入院等により、緊急に渡航する必要があると認められる場合など)
  • 業務上などの理由により、旅券を早期に発給する必要がある場合
  • 学校などから団体申請を行う場合
  • 震災特例旅券を申請する場合
  • 刑罰等関係事項に該当する場合など

申請に必要な書類

居所申請のための必要書類

  • 住民票1通(6ヶ月以内に発行されたもの)
  • 居所を確認できる書類等
  • 学生…居所の記載のある学生証、在学証明書など
  • 長期出張者、単身赴任者等…居所の記載のある会社の身分証明証や居所証明書など
  • 船員(寄港地上陸の船員)…船員手帳、居所(停泊地)を証明する船長の証明書など
  • その他…居所が記載された運転免許証・健康保険証、居所に届いた郵便物、居所の賃貸借契約書、居所証明書など

増補申請をされる方は、住民票と居所を確認する資料は不要です。申請書の現住所欄に住所と居所をそれぞれ記入してください。

代理提出について

パスポートの申請に関して、申請者ご本人に代わって代理の方(配偶者、第三者など)が申請書類等を提出することができます。

  • 代理提出する場合は、事前に「一般旅券発給申請書」を入手(申請書の入手場所)していただき、申請書表面の「所持人自署」欄(「写真貼付」欄の下)、同裏面の「申請者署名」欄、「申請書類等提出委任申出書」の「申請者記入」欄を申請者ご本人が記入してください。
  • 申請者が法定代理人(親権者又は後見人)を通じて、申請書類を提出する場合には、「申請書類等提出委任申出書」の記入は不要です。
  • 代理提出の場合は、申請者ご本人の申請に必要な書類(コピーではなく、原本を代理人に預けてください。)に加え、代理の方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)が必要です。

次の場合は代理提出できませんので、申請者ご本人が直接お越しください。

  • 有効中のパスポートをなくした(紛失、盗難、遺失など)場合で、「紛失一般旅券等届出書」を提出される方及び「同届出書」の提出と同時に新たなパスポートの発給を希望される方
  • 氏名の表記について非ヘボン式表記、別名併記を希望される方
  • 前回申請したパスポートを受け取らないまま6カ月が経過し、今回再び申請される方
  • 有効旅券を著しく損傷した場合(ただし、本人が記入した理由書を持参できる場合を除く。)

未成年者の申請について

満20歳未満の未成年の方がパスポートの申請・紛失の届出をする場合は、必ず「法定代理人」の方の署名が必要です。

申請書の配布場所

一般旅券発給申請書は、羽曳野市市民課パスポート窓口、支所、大阪府パスポートセンターなどで配布しています。これ以外(記載事項変更、増補、紛失)については、市民課パスポート窓口にあります。

申請から受け取りまでの所要日数

申請から受け取りまでの所要日数表
窓口 新規・切替新規・記載事項変更 増補
羽曳野市パスポート窓口 10日 6日
(参考)大阪府パスポートセンター 6日 2日
  • 所要日数には申請日を含み、土曜日、日曜日、祝休日、年末年始は期間計算に含みません。なお、事情により交付が遅れる場合もありますので、余裕をもって申請にお越しください。
  • 提出書類に不備などがあった場合は、さらに日数がかかることがあります。
  • お急ぎの場合は、大阪府パスポートセンターで申請してください。

受け取りについて

受け取り時に必要な書類

  • 一般旅券引換書(申請時にお渡しします。)
  • 手数料(大阪府手数料(現金)、収入印紙)

 平成30年10月1日より、市民課窓口で収入印紙を販売します。

  • 収入印紙:羽曳野市役所市民課窓口、各郵便局、羽曳野登記サービス(法務総合庁舎前)など
手数料一覧
申請の種類 大阪府手数料(現金) 収入印紙 合計
新規・切替新規・訂正新規申請
【10年有効旅券(20歳以上)】
2,000円 14,000円 16,000円
新規・切替新規・訂正新規申請
【5年有効旅券(12歳以上)】
2,000円 9,000円 11,000円
新規・切替新規・訂正新規申請
【5年有効旅券(12歳未満)】
2,000円 4,000円 6,000円
記載事項変更申請 2,000円 4,000円 6,000円
査証欄増補申請 500円 2,000円 2,500円
  • 年齢はパスポートを申請されるときの申請者の満年齢です。
  • 12歳未満の方の発給手数料は減額されます。年齢は、「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。この法律によれば、年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため手数料の減額措置は、12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に対し適用されます。
  • 購入済みの大阪府証紙は、平成31年3月29日(金曜日)まで引き続き使用できます。

パスポート受け取りの際の注意事項

  • パスポートの受け取りは、年齢に関係なく申請者ご本人に限られます。小さなお子様につきましては、ご家族の方などがお連れください。
  • 代理人による受け取りや、郵送による受け取りは認められません。ただし、査証欄増補申請は代理人による受け取りが可能です。その際は代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)が必要です。
  • パスポートは、申請した日から6ヶ月以内に受け取りされない場合は失効となり、お渡しできなくなりますのでご注意ください。また、次回の申請に時間を要することがあります。
  • パスポートの受け取りは、申請を行った窓口でのみできます。他の窓口では受け取ることはできません。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市民人権部 市民課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-956-6752

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年10月01日