住民票所在地以外での接種を希望する場合の対応について

住民票所在地以外での接種について

 

  新型コロナワクチンは原則として、住民票所在地の市町村で接種を受けていただきます。しかし、以下の「やむを得ない事情があり、住民票所在地以外での接種が認められる場合」に該当する方は、住民票所在地以外で接種することができます。

 なお、住民票所在地以外で接種する場合は、原則、接種を受ける市町村に事前に届け出をし、「住所地外接種届出済証」を発行してもらう必要があります。接種券は、住民票所在地が発行しているものを取り寄せてください。

 

やむを得ない事情があり、住民票所在地以外での接種が認められる場合は以下のとおりです。(接種を受ける時点において、現にその状態にある者に限る)

 

【接種を受ける市町村へ届け出が必要な場合】

  • 出産のために里帰りをしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • その他、市町村長がやむを得ない事情があると認める者

 

【接種を受ける市町村へ届け出が不要な場合】

  • 入院、入所者
  • 基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった者
  • 拘留又は留置されている者、受刑者
  • 住所地外接種者であって、市町村に対し申請を行うことが困難である者

 

住所地外接種届出済証の交付

申請の方法

羽曳野市に住民票がない方が、羽曳野市で接種を希望される際の具体的な申請方法等は以下のとおりです。

(羽曳野市に住民票を有する方が、羽曳野市以外で接種を受けようとする場合は、

接種を受けようとする市町村へ直接お問い合わせください。)

 

【厚生労働省ウェブサイト ワクチンナビからの申請】

2021年8月20日現在でワクチンナビからの申請をストップしています。

申請を希望される方は、以下の窓口または郵送で手続きしていただきますようお願いします。

 

その他の申請方法

次の必要書類を窓口または郵送でご提出ください。

申請時必要書類
住所地外接種届(申請書)(Wordファイル:17.1KB)

住民票上の市町村より発行された接種券(郵送申請時はコピーしたもの)
申請者の身分証明書(郵送申請時はコピー)
94円切手(郵送で申請される方のみ必要になります)

申請方法
申請書に必要事項を記入の上、申請時必要書類を持参もしくは郵送にてご提出ください。

申請先
〒583-0857 大阪府羽曳野市誉田4丁目2番3号「羽曳野市新型コロナウイルスワクチン接種推進室」

窓口での提出を希望される方は、保健センター4階「羽曳野市新型コロナウイルスワクチン接種推進室」へ直接お越しください。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
新型コロナウイルスワクチン接種推進室
大阪府羽曳野市誉田4丁目2番3号
電話番号:072-957-3320
ファックス番号:072-957-3590

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年08月30日