ワクチンロスの対応について(令和3年5月27日更新)

本市では、新型コロナウイルスワクチン接種における予約端数及び急なキャンセル等により

発生した余剰ワクチンを無駄にしないため 、これらに対応できる人員を事前に確保しておくこと

を目的に、以下のとおり接種対象者及び接種順位を定めています。

対象者

コロナ感染により、医療現場及び行政運営に支障をきたすと判断した組織に属する職員


集団接種
(1)ワクチン接種会場にて、接種関連業務に携わる者(医療従事者・一般スタッフ)
(2)未接種の医療従事者(三師会・柏羽藤消防組合消防本部)
(3)行政職員

個別接種
(1)他のかかりつけ患者や家族(できるだけ、65 歳以上の方に接種。64 歳以下は年齢順に)
(2)集団接種に準じる

巡回接種
(1)施設に入居する他の者
(2)施設職員
(3)集団接種に準じる

 

なお、新型コロナウイルスワクチン接種推進室の職員は、医療現場や集団接種会場での

業務に従事するため、医療従事者としてワクチン接種を受けています。

本市職員の接種順

クラスター発生予防の観点から、業務等により優先的に接種が必要と判断したものに対し臨時優先的にワクチンを接種します。

 

順位1

福祉職場で訪問(特に高齢者)することが多い職場

(部署例)
健康増進課 、地域包括支援課、生活福祉課、社会福祉協議会

 

順位2

子どもたちと接する職場

(部署例)
小中学校の教職員、公立の保育園 ・ 幼稚園、社会教育課(課外対策)

 

順位3

窓口職場

(部署例)
高年介護課、障害福祉課、福祉総務課 、市民課、保険年金課 、
税務課、こども課、家庭支援課、総合案内、支所 など

 

これらをもとにリスト化し、キャンセルが出た際はリストに基づいて対応します。

接種フロー

接種フロー
この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
新型コロナウイルスワクチン接種推進室
大阪府羽曳野市誉田4丁目2番3号
電話番号:072-957-3320
ファックス番号:072-957-3590

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年05月28日