第3期羽曳野市地域福祉計画について

支援と連携の「ささえあいネットはびきの」の実現に向けて

羽曳野市ではすべての市民が世代や背景を問わず安心して住みなれた場所で生活し続けられるように、住民と行政、専門機関が協働し、制度と制度の狭間に落ち込む人を生み出さないような重層的な支援のネットワークを構築していきます。

第3期羽曳野市地域福祉計画

地域福祉計画とは

第3期羽曳野市地域福祉計画は、社会福祉法第107条に基づく「市町村地域福祉計画」であり、同条には「地域住民の意見を反映させること」、同法第4条には「地域住民等は、相互に協力して、地域福祉の推進に努めなければならない」と規定されていることから、本市の地域福祉を推進するため、市民、関係機関、福祉サービス事業者と行政が一体となり、策定したものです。

【参考】 社会福祉法 (抜粋)

(地域福祉の推進)

第4条 地域住民、社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者は、相互に協力し、福祉サービスを必要とする地域住民が地域社会を構成する一員として日常生活を営み、社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられるように、地域福祉の推進に努めなければならない。

(市町村地域福祉計画)

第107条 市町村は、地域福祉の推進に関する事項として次に掲げる事項を一体的に定める計画(以下「市町村地域福祉計画」という。)を策定し、又は変更しようとするときは、あらかじめ、住民、社会福祉を目的とする事業を経営する者その他社会福祉に関する活動を行う者の意見を反映させるために必要な措置を講ずるよう努めるとともに、その内容を公表するよう努めるものとする。

1 地域における福祉サービスの適切な利用の推進に関する事項

2地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関する事項

3地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項

羽曳野市地域福祉推進委員会(兼地域福祉計画策定委員会)

第3期羽曳野市地域福祉計画の策定のため、本市の地域福祉を推進するための施策等について審議を行う羽曳野市地域福祉推進委員会を設置しています。

平成27年度 第1回地域福祉推進委員会 平成27年6月15日開催

平成27年度 第2回地域福祉推進委員会 平成27年10月22日開催

平成27年度 第3回地域福祉推進委員会 平成28年 2月22日開催 

平成27年度 第4回地域福祉推進委員会 平成28年 3月23日開催 

市民アンケート調査

本計画の策定にあたり、市民の方々から地域福祉推進についての評価を伺うとともに、日常生活の現状や意識、福祉サービスや地域づくりに関する意見を聞き、本計画策定の基礎資料とするため、アンケート調査を実施しました。

  • 調査対象:羽曳野市在住の18歳以上の市民から1,500人を無作為抽出
  • 調査期間:平成27年10月13日から平成27年10月26日まで
  • 調査方法:郵送による配布・回収
  • 回収状況:配布数1,500通 有効回答数654通 有効回答率43.6%
この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部 福祉総務課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-947-3840

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年11月21日