第2期データヘルス計画(第3期特定健康診査・特定保健指導実施計画)を策定しました。

 羽曳野市国民健康保険では、高齢者の医療の確保に関する法律第18条に定められた「特定健康診査等基本方針」に基づき、平成24年度に「第2期特定健康診査・特定保健指導実施計画(平成25年度~29年度)」を策定しました。計画においては、生活習慣病の予防と早期発見のための特定健康診査及び特定保健指導の実施方法や実施率に係る目標値等について定め、特定健康診査及び特定保健指導を実施してきました。

 また平成26年度には、厚生労働省「国民健康保険に基づく保健事業の実施等に関する指針」に基づき「データヘルス計画(平成27年度~29年度)」を策定しました。この計画は、被保険者の健康・医療データを活用してPDCAサイクルに沿った効率的・効果的な保健事業を実施するために策定し、羽曳野市国民健康保険における保健事業を実施してきました。

 この度、両計画の計画期間が満了となることから、両計画の最終評価を行うとともに、新たな実施計画(平成30年度~平成35年度)を一体的に策定しました。

過去の計画はこちら

データヘルス計画

特定健康診査・特定保健指導実施計画

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 保険年金課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-9010

メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年09月01日