風しん予防接種費用の一部を助成します

 妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなど、「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

風しんの有効な予防策は、予防接種です。羽曳野市では以下のとおり助成を行っています。

実施期間

 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

対象者

 羽曳野市民で、抗体検査の結果、抗体価を十分に獲得していない次のいずれかに該当する方

  1. 妊娠を希望する女性
  2. 妊娠を希望する女性の配偶者
  3. 妊娠している女性の配偶者

現在妊娠している方、またはその可能性のある方は接種できません。

風しんの抗体価が十分にある方は、助成の対象になりません。

費用

自己負担金額 1,000円

(生活保護を受けている方は自己負担金が免除されますので、必ず接種前に生活保護受給証明書を医療機関窓口に提出してください。)

接種方法

 風しんワクチン または 麻しん風しん混合(MR)ワクチンの接種ができます。

市内実施医療機関に事前予約の上、接種できます。

持ちもの

  1. 年齢と住所が確認できるもの(健康保険証、運転免許証等)
  2. 5年以内に行った抗体検査の結果
  3. 上記3.の対象者は、子の母子健康手帳

注意事項

  • 羽曳野市内の実施医療機関以外、実施期間以外の接種については助成の対象にはなりません。(償還払い制度はありません。)
  • ワクチン接種後2か月は、妊娠を避けてください。
この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 健康増進課
大阪府羽曳野市誉田4丁目2番3号
電話番号:072-956-1000
ファックス番号:072-956-1011

メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年07月01日