高齢者福祉サービス(介護保険以外)

緊急通報システム運営事業

〔内容〕

病気等により日常生活に不安のある高齢者の方に緊急通報装置をレンタルします。

 緊急時に装置本体の「緊急ボタン」またはペンダント型の発信機のボタンを押せば相談センターに連絡が届き24時間、看護師、保健師が対応します。

 相談センターから装置本体のスピーカーを通して状況確認を行い、返答がない場合などは、近隣の支援者やご家族に連絡をとって様子の確認を依頼し、必要なときには市内の待機所からも出動します。

また、装置本体の「相談ボタン」を押せば健康相談などができます。

 事業は大阪ガスセキュリティサービス株式会社に委託して実施しています。 緊急通報システムはNTTアナログ回線専用機器として設計された装置です。よって、その他の回線で利用された場合に装置が正常に作動しないなど通常のサービスが提供されない場合があります。

緊急通報装置
緊急通報装置2

〔対象者〕

羽曳野市にお住まいで、次の1~6のいずれかに該当する方

  1. 65歳以上のひとり暮らし高齢者
  2. 65歳以上の高齢者のみの世帯
  3. 65歳以上で日中に同居家族が就労等のためひとりとなる方(昼間独居)
  4. 65歳未満のひとり暮らし重度身体障がい者
  5. 65歳未満の重度身体障がい者のみの世帯
  6. 65歳未満の重度身体障がい者で日中に同居家族が就労等のためひとりとなる方(昼間独居) 本事業は障がい者へのサービスと共通のものとなっています。4,5,6に該当する方は

へお問い合わせください。 〔基本利用料〕

ひとり暮らし、高齢者のみの世帯月額・500円
昼間独居になる方・月額1,382円
生活保護世帯の方・負担なし

自宅の鍵預かりを希望する方(上記の利用料と別に費用がかかります)
ひとり暮らし、高齢者のみの世帯・月額270円
昼間独居になる方・月額540円
生活保護世帯の方・負担なし

 お預かりした鍵については、委託事業者である大阪ガスセキュリティサービスで保管・運用します

〔手続き〕

 地域包括支援課または在宅介護支援センターへ利用申請書、利用登録カードを提出してください。市の審査を経て決定後、3週間程度で委託業者(大阪ガスセキュリティサービス株式会社)が設置工事を行います。

日常生活用具給付等事業

火災警報器

〔対象者〕

 65歳以上で市民税非課税世帯または生活保護受給世帯のひとり暮らし高齢者もしくは高齢者のみの世帯の方 〔利用者負担〕

費用の1割を負担していただきます。

〔手続き〕

 地域包括支援課または在宅介護支援センターへ申請書を提出してください。市の審査を経て決定後、事業者より納品されます。

 消防法により火災警報器の設置が義務付けられた箇所については、柏原羽曳野藤井寺消防組合消防本部予防課へお問い合わせください。

福祉電話

〔内容〕
 電話回線がない方に回線を無料で貸与し、月々の基本料金および60度数までの通話料を助成します。

〔対象者〕
 65歳以上で、在宅で生活されている生活保護または市民税非課税のひとり暮らしまたは高齢者のみの世帯の方で、現に電話回線(携帯電話を含む)を有していない方。
 ただし、高齢者を入居対象とした施設(ケアハウス、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等)に入居の方、介護保険施設に入所している方は対象外です。

〔利用料〕
60度数を超える通話料

〔手続き〕
 地域包括支援課または在宅介護支援センターへ申請書を提出してください。市の審査を経て決定後、NTT西日本が設置工事を行います。

在宅高齢者移送サービス事業

〔内容〕
 リフト(スロープ)付きの福祉タクシーを利用して通院等で外出するときにかかる運賃の一部を助成するため、1か月に福祉タクシー利用券を2枚交付します。利用できる福祉タクシーは大型・中型・小型とそれぞれあり、市と契約しているタクシー会社です。

〔対象者〕
 65歳以上の在宅で生活されていて、寝たきり等のため一般の交通機関での移動が困難な要介護4もしくは要介護5の方。
 ただし、高齢者を入居対象とした施設や住居(ケアハウス、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等)に入居の方、介護保険施設に入所している方、入院中の方は対象外です。

 地域包括支援課または在宅介護支援センターへ申請。市の審査を経て決定後、利用券を送付します。

福祉理美容助成事業

〔内容〕
 寝たきり等で理美容院へ出向くことができない方のお宅を理美容師が訪問して、自宅で調髪をします。(年3回まで)

〔対象者〕
 65歳以上の在宅で生活されている、自力で理美容院に行くことが困難な要介護3~5の方。
 ただし、高齢者を入居対象とした施設や住居(ケアハウス、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等)に入居の方、介護保険施設に入所している方、入院中の方は対象外です。

〔利用料〕
1回:2,500円

〔手続き〕
 地域包括支援課または在宅介護支援センターへ申請。市の審査を経て決定後、利用券を送付します。
 (決定する時期により、交付する利用券の枚数が変わります。【4~7月:3枚】、【8月~11月:2枚】、【12~3月:1枚】)

自立支援短期宿泊事業

〔内容〕
 体調不良などで自宅での生活に不安がある方に、養護老人ホーム等で短期間(1年間に28日まで)の宿泊を提供します。

〔対象者〕
 65歳以上で、要介護認定で非該当(自立)と判定された方等。

〔利用料〕
1日:380円(生活保護世帯は利用料負担なし)
食費:1,000円(変更する場合があります)

 地域包括支援課まはた在宅介護支援センターへ申請。地域包括支援課等による面接(調査)、市の審査を経て決定します。

食の自立支援配食サービス事業

 食事づくりが困難で、日常的に見守りが必要な高齢者への昼食のお弁当の配達に合わせて、ケアマネジャーや配食実施機関または地域包括支援センターが食事を通しての健康づくりや体力向上、介護予防に総合的に相談にのりながら、いきいきとした生活が送れるよう支援する事業です。

・お弁当の配達を通した見守りと声かけが事業の目的のひとつです。お弁当の受け取りと改修時の受け渡しはご本人様が行ってください。
・月曜日から土曜日までの6日間のうち、必要な曜日の昼食を市が委託する福祉施設からお届けします。

〔対象者〕
 羽曳野市にお住まいで、食事づくりや買い物が困難であり、定期的な見守りが必要な次の1~4のいずれかに該当する方

  1. 65歳以上のひとり暮らし高齢者
  2. 65歳以上の高齢者のみの世帯
  3. 65歳未満のひとり暮らし重度身体障がい者
  4. 65歳未満の重度身体障がい者のみの世帯

 本事業は障がい者へのサービスと共通のものとなっています。3,4に該当する方は福祉支援課へお問い合わせください。

〔利用料〕
1食につき550円(ただし生活保護世帯の方は1食につき400円)

〔手続き〕
 ケアマネジャーまたは配食実施機関相談員が、食事の状況などをお聞きしたうえで必要に応じ、地域包括支援課に申請を行います。

在宅高齢者おむつ給付事業

〔内容〕
 在宅でおむつを使用している高齢者に、1か月につき5,000円分のおむつ給付券を交付します。給付券の指定取扱店で、おむつ用品(紙おむつ、おむつカバー、尿とりパッド、失禁パンツ)を購入できます。

〔対象者〕
 65歳以上の羽曳野市民で、市民税所得割非課税世帯、要介護1~5の在宅で生活されている方。
 ただし、高齢者を入居対象とした施設や住居(ケアハウス、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等)に入居の方、介護保険施設に入所している方、入院中の方は対象外です。

〔手続き〕
 地域包括支援課または在宅介護支援センターへ申請。市の審査を経て決定後、おむつ給付券を送付します。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 地域包括支援課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-950-1030

メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年08月10日