ロタウイルスワクチンについて

令和2年10月1日からロタウイルスワクチンの定期接種が始まります。ロタウイルスワクチンはロタウイルス胃腸炎の重症化を予防します。
対象は、令和2年8月1日以降に生まれた方です。対象の方でも、9月30日までは任意接種となり、費用がかかりますので、注意してください。

定期接種の対象者には個別に通知をお送りします。

ロタウイルス胃腸炎とは

口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染予防をすることが難しいため、乳幼児のうちに、ほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢、嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症です。一生のうちに何度も感染するウイルスですが、初めてロタウイルスに感染した時は、特に重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響をおよぼすこともあり、注意が必要です。

ワクチンについて

ワクチン名 ロタリックス ロタテック
接種時期 出生6週0日後から24週0日後 出生6週0日後から32週0日後
どちらのワクチンも、初回接種は生後2か月に至った日から出生14週6日後までにします。
接種回数 2回接種(27日以上の間隔をあける) 3回接種(27日以上の間隔をあける)
接種後、特に注意すること どちらのワクチンも、接種後(特に1~2週間)は腸重積の症状に注意し、症状が見られた際には、すみやかに接種した医療機関を受診してください。

 

腸重積について

腸重積症は、腸の一部が隣接する腸管にはまりこむ病気です。腸の血流が悪くなることで腸の組織に障害を起こすことがあるため、速やかな治療が必要です。ワクチン接種から1~2週間くらいまでの間には、腸重積症のリスクが通常より高まると報告されています。

腸重積症の症状としては

  • 突然はげしく泣く
  • 機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す
  • おう吐する
  • 血便がでる
  • ぐったりして顔色が悪い

などがあります。これらの症状が一つでも見られた場合は速やかに医療機関を受診しましょう。腸重積症はロタウイルスワクチンの接種にかかわらず、乳幼児がり患することのある疾患で、まれな病気ではありません。

参考ページ

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 健康増進課
大阪府羽曳野市誉田4丁目2番3号
電話番号:072-956-1000
ファックス番号:072-956-1011

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年08月13日