要介護認定の申請について

 

介護保険のサービスを利用するには、要介護認定の申請が必要です。

介護サービスを利用するには、介護サービスの必要性を審査する「要介護認定」を受ける必要があります。
介護保険サービスの利用を希望する人は、羽曳野市高年介護課の窓口に認定の申請をしてください。
申請は、利用者本人または家族のほか、成年後見人、地域包括支援センター、省令で定められた居宅介護支援事業所や介護保険施設などに代行してもらうこともできます。

居宅介護支援事業所や介護保険施設の一覧表は下記リンクをご覧ください。

対象

第1号被保険者・・・65歳以上でサービスの利用を希望する人
第2号被保険者・・・医療保険に加入している40歳以上65歳未満で特定疾病が原因で介護が必要となりサービスの利用を希望する人

特定疾病(加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病であって政令で定めるもの)

  1. がん【がん末期】(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靭帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症(アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体病等)
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン関連疾患等)
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症(ウェルナー症候群等)
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞等)
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎)
  16. 両側の膝関節または股関節の著しい変形を伴う変形性関節症

申請窓口

市役所別館1階1番窓口  高年介護課

申請に必要なもの

第1号被保険者(65歳以上)の方
 要介護認定・要支援認定(新規・更新)申請書
 介護保険被保険者証

第2号被保険者(40歳~64歳)の方
 要介護認定・要支援認定(新規・更新)申請書
 加入している医療保険の被保険者証

申請書には主治医を記入する欄がありますので、氏名・病院名・連絡先などを確認してください。
また、初めて申請する方は主治医へ意見書を記載していただけるかご相談ください。

申請書提出後、要介護認定までの流れについては、下記をご参照ください。

更新申請と区分変更申請について

更新申請について

有効期間が満了する前には、更新の手続きが必要です。
更新申請は60日前から申請ができます。更新のお知らせは羽曳野市から郵送します。
引き続きサービスを利用したい方は、要介護認定・要支援認定(新規・更新)申請書を提出してください。

区分変更申請について

要介護認定を受けた後に心身の状態が変化したときなどは、認定の有効期間の途中でも区分変更申請を行うことができますので、要介護認定・要支援認定(区分変更)申請書を提出してください。

申請書記入用紙ダウンロード

よくあるご質問

Q1.自分や家族で申請できない場合は?
  A.申請の代行をしてもらうことができます。
法令で定められた居宅介護支援事業者や介護保険施設、または地域包括支援センターなどへご相談ください。

下記リンク先よりご覧ください。

Q2.要介護認定の申請をしたが、取り下げたい場合は?
 A.申請取下書をご提出いただきます。高年介護課までご相談ください。

申請書ご利用の注意事項

申請書の印刷、記入などをする際の注意点です。

オンライン申請書をご利用になる前に、下記リンクをお読みください。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 高年介護課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-950-2536

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年08月01日