「新しい生活様式」における熱中症予防行動について

令和2年5月4日、国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において、「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示されました。

今後は、一人ひとりが感染防止の3つの基本である身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

今夏は、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、一方で、例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。

下記の環境省と厚生労働省がとりまとめた「令和2年度の熱中症予防行動」を参考に、十分な感染症対策をとりながら、熱中症予防もこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

※「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」を進めていく上での熱中症のリスクについては、必ずしも科学的な知見が十分に集積されているわけではありませんが、特に心掛がけていただきたい熱中症予防行動について取りまとめています。

 

新しい生活様式における熱中症対策について
熱中症予防行動のポイント2

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント(PDFファイル:564.9KB)

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市新型コロナウイルス感染症対策本部(危機管理室災害対策課)
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111
ファックス番号:072-957-1371                                                Eメール:saigaitaisaku@city.habikino.lg.jp

更新日:2021年04月26日