沖縄慰霊の日追悼の辞

ー 沖縄慰霊の日追悼の辞 ー

 本日、77回目の「慰霊の日」を迎えるにあたり、沖縄全戦没者の御霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。

 沖縄の地において、第二次世界大戦によっておよそ20万という多くの尊い命が失われましたことは、忘れることのできない深い悲しみであり、決して繰り返してはなりません。また、いかなる理由があろうとも武力によって問題を解決しようとすることは、決して許されることではありません。

 沖縄は、豊かな自然に恵まれ、素晴らしい文化が隆盛し、人々の笑顔が輝くたいへんすばらしいところであり、先の大戦による多くの困難をも乗り越え、これらを守り継承されてこられた沖縄の皆様に心から敬意を表するものです。

 羽曳野市は、平和首長会議や非核宣言自治体協議会に加盟し、平和な世界を構築するために国内外の国々と連携を図りながら平和事業を推進しています。
 私たちの使命は、同じ過ちを繰り返さないためにも沖縄の歴史から目をそむけることなく次世代に継承することであり、先人の声を語り継ぐことが最も重要であると考えています。

 また、コロナ禍以前には、毎年「沖縄フェア」を羽曳野市立生活文化情報センターで開催し、沖縄の文化を市民の皆様と共有してまいりました。今後もこうした取り組みを通して沖縄の皆様とのご縁を大切にしてまいりたいと存じます。

 沖縄全戦没者の御霊がとこしえに安かならんことを、また在天の光として、今後も沖縄のご繁栄を見守り給うことを念じ、併せてご遺族の皆様のご平安を心から祈念し、追悼の言葉といたします。

                        令和4年6月23日   羽曳野市長 山入端 創
 

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市長公室 秘書課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-957-5995

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年06月23日