就学前教育・保育のあり方に関する基本方針

基本方針策定の背景と目的

 出生率の低下に伴い、人口減少と少子高齢化の進行など、子どもや子育てを取り巻く環境は厳しく、子育ての不安を覚える家庭も少なくありません。
 就学前教育・保育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う上で非常に重要なものですが、本市においても、市立幼稚園児の減少による集団活動への対応や保育園児の増加による待機児童ゼロへの対応、施設の耐震化・老朽化への対応など、早急な解決が求められる課題が顕在化しています。
 本方針は、そうした諸課題を解決し、持続的かつ質の高い総合的な就学前教育・保育の充実を推進するため、施設の適正配置や財政状況などを総合的に検討して策定したものです。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市長公室 こども課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-956-0730

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年12月11日