羽曳野市市制施行60周年について

市制施行60周年にむけて

昭和34年に誕生した羽曳野市は、平成31年1月15日に市制施行60周年を迎えます。

この節目に、本市がこれまで歩んできた道をふり返るとともに、新たな道へと繋げることができるよう、「羽曳野市市制施行60周年記念事業」を実施します。

 

市制施行60周年記念シンボルロゴマーク

羽曳野市の市制施行60周年記念事業のシンボルとなるロゴマークが決定しました。

全国から寄せられた187点の応募の中から選ばれました。

 

60周年シンボルロゴマーク

 

詳細については、「市制施行60周年記念シンボルロゴマークが決定しました!」のページをご覧ください。

 

 

基本方針

市制施行60周年という節目を迎えるにあたり、これまで先人たちが築き、発展してきた「羽曳野」を、市民や来訪者が知り、感じることで、まちに対する「シビックプライド」を高めるとともに、60周年という節目を多くの方々と共有し、「魅力」「安心」「未来」をつなぎ合わせ、「幸せむすぶ」好循環を目指します。

そのために、60周年記念事業に多くの市民・企業などが参加し、まちの魅力を創り、磨きをかけ、ひいては第6次羽曳野市総合基本計画に掲げる施策の実現につながるよう企画・運営を行い、実施します。

 

3つのテーマ

先人たちが築き上げてきた歴史・文化を伝え、多くの人に感じてもらう。

多くの人が参加し、まちの魅力を一緒に創り、磨きをかける。

60周年を契機に、市内外に本市の魅力を一体的に発信する。

 

 

目標

歴史と未来が結ばれ、誇りや愛着、幸せを実感することで、市民一人ひとりと、まち全体が、もっとずっと元気になること。

 

実施期間

平成30年1月16日から平成31年1月15日まで

 

記念事業

皆さんと一緒に60周年をお祝いするため、様々な記念事業を実施します。

期間中に実施する記念事業については、随時ウェブサイトにてお知らせしますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

協賛事業

市民・企業・団体等の皆さんが実施する事業・イベントで、市制施行60周年をお祝いする協賛事業を募集しています。

協賛事業に対しては、次のとおり支援を行います。

  • 「羽曳野市市制施行60周年記念」または「羽曳野市市制施行60周年記念事業」の名義の使用
  • 市制施行60周年記念シンボルロゴマークの使用
  • 市ウェブサイトへの事業内容の掲載

 

詳しくは、「協賛事業を募集します!一緒に60周年をお祝いしましょう!」のページをご確認ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市長公室 政策推進課
市制60周年記念事業担当
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-0212
メールアドレス:the60th@city.habikino.lg.jp

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年09月01日