平成26年度はびきの中学生study-O講義の様子

6月22日(日曜日) 第2回講義内容「ワールドカップの現地時間(時差の計算を学ぼう)」

東教室

東教室の様子1

西教室

西教室の様子1

6月22日(日曜日)、東教室、西教室で第2回目となる講義が実施されました。

時差の計算方法について、みんな興味津々で講師の先生の説明を聞いており、その後、計算問題にもチャレンジしていました。

講義が終わった後も、プリントに載っていない問題を自分で作って、友達と問題を出し合っている生徒もいました。

7月27日(日曜日) 第3回講義内容「自分にあった自学自習の方法って・・・」

東教室

東教室の様子2

西教室

西教室の様子2

7月27日(日曜日)、東教室、西教室で第3回目となる講義が実施されました。

今回のテーマは、「自分に合った自学自習の方法って・・・」。

心理テストやフラッシュピクチャー等を使って記憶(勉強)のタイプを分類。

それぞれ自分のタイプとそれに合った勉強方法について学びました。

8月24日(日曜日) 第4回講義「考える力を身に付けよう~謎解きはstudy-Oのあとで~」

東教室

東教室の様子3

西教室

西教室3

8月24日(日曜日)、東教室、西教室で第4回目となる講義が実施されました。

今回のテーマは、「考える力を身に付けよう」。

グループに分かれて謎解きに挑戦しました。

目の前の情報を整理し、物事を筋道立てて考え、答えにたどり着く。

ゲームを通して、その考え方を学びました。

今回のポイント

数学

  1. 問題を読んで、まず何を求めるかを理解する。
  2. 答えを求めるために何をすればいいのか、方法を決める。
  3. その方法通りに答えを解く。

国語

  1. 答えは文中にあるはず。数学の1.と同様、まずは何を求めるかを理解する。
  2. 選んだ答え、考えた答えの根拠を必ず文中に見つける。

9月21日(日曜日) 第5回講義「集中力を高めよう!!」

東教室

東教室の様子4

西教室

西教室の様子4

9月21日(日曜日)、東教室、西教室で第5回目となる講義が実施されました。

今回のテーマは、「集中力を高めよう!!」でした。

有名アスリートが行っている瞬間的に集中力を高めるためのルーティーンの紹介や、

日ごろ勉強をする際に心掛けることで、いざというときに高いレベルでの集中力を発揮

しやすくする勉強方法の紹介など、これから自学自習をする際にも役立つ内容の講義でした。

10月19日(日曜日) 第6回講義「前置詞を理解すると英語はこうなる!」

西教室

西教室の様子

10月19日(日曜日)、東教室、西教室で第6回目となる講義が実施されました。

今回のテーマは、「前置詞を理解すると英語はこうなる!」でした。

英語で必ず出てくる前置詞について、学校とは違った角度からの捉え方を勉強しました。

今回のポイント

  1. 「on 」=接触 (対象物がどこかに接触している状態)
  2. 「 in 」=空間 (対象物がその空間(場所の中)にある状態)
  3. 「 at 」=一点 (対象物がその場所の指定された箇所にある状態)

11月30日(日曜日) 第7回講義「商品PRに挑戦!」

東教室

東教室の様子5

西教室

西教室の様子5

11月30日(日曜日)、東教室、西教室で第7回目となる講義が実施されました。

今回のテーマは、「商品PRに挑戦!」でした。

与えられたテーマ(商品)について、限られた時間の中で商品PRをする内容です。

参加生徒はグループに分かれて、実践さながらのプレゼンテーションをしていました。

12月21日(日曜日) 第8回講義「世界は"理科"で回ってる~身近な?理科?を知ろう!~」

東教室

東教室の様子6

西教室

西教室の様子6

12月21日(日曜日)、東教室、西教室で第8回目となる講義が実施されました。

今回のテーマは、「世界は"理科"で回ってる~身近な?理科?を知ろう!~」でした。

日ごろ起こる様々な不思議を理科で読み解いて理解する内容でした。

コーラを振ったらなぜ炭酸が噴き出すのか??では、炭酸を噴き出させずに缶を開けるにはどうしたらいいのか??

南極の氷が溶けると海面は上昇する。では、なぜ北極の氷は溶けても海面は上昇しないのか???

などなど、その他にも簡単な実験などを織り交ぜた盛りだくさんの講義でした。

2月1日(日曜日) 第9回講義「つぶたんクエスト~グループワーク はびきの探検隊!~」

東教室

東教室
西教室の様子7

2月1日(日曜日)、東教室、西教室で第9回目となる講義が実施されました。

今回のテーマは、「つぶたんクエスト~グループワーク はびきの探検隊!~」でした。

各グループで、渡されたメモから得た情報を地図に書き込み、つぶたんのいる場所を探り当てるという内容でした。

メモに書かれた情報を口頭でのみ伝えるというルールでいざ開始!

言葉だけで伝える難しさと、話を聞くことの大切さを感じながらグループワークに積極的に取り組んでいました。

ゲーム性に富んでいて、みんな笑顔で楽しそうでした!

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市長公室 政策推進課
特命プロジェクトチーム
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-0212

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年04月06日