白鳥神社

所在地:羽曳野市古市1丁目  

 白鳥神社縁起によると、もとは軽里西方の伊岐谷に創建された伊岐宮(いきのみや)が本来の宮であったようだ。その後、戦火に追われ峯ヶ塚古墳墳頂に小さな祠として祀られていたものが、慶長の大地震(1596年)で倒壊し荒廃していたものを、江戸時代初めの寛永末期(1640年頃)に現在の地に遷座したと伝えられている。

 祭神は、江戸時代には白鳥大明神、午頭天王(ごずてんのう)、婆利妻女(はりさいにょ)の三神が祀られていましたが、現在は日本武尊と素戔鳴命(すさのうのみこと)が祀られています。秋には、だんじりが町内をめぐり、大変にぎわいます。

白鳥神社全景

白鳥神社全景

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市教育委員会事務局
生涯学習室 文化財保護課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-956-7196

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年04月06日