新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

市民のみなさまへ


 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染した人やその家族、治療にあたった病院関係者等に対して、誤った情報や認識に基づく不当な差別・偏見・いじめなどがあってはなりません。


 不確かな情報に惑わされ、人権侵害につながらないよう、以下のページなどで正確な情報をご確認いただき、冷静な行動をお願いします。
 

新型コロナウイルス感染症について

https://www.city.habikino.lg.jp/soshiki/shichou/hisho/new_corona/index.html

 

【相談窓口】

 みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)(法務省)

  電話:0570-003-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

 

 子どもの人権110番(法務省)

  電話:0120-007-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

 

 女性の人権ホットライン(法務省)

  電話:0570-070-810平日午前8時30分から午後5時15分まで)

 

 外国人人権相談ダイヤル(法務省)

  電話:0570-090911  (平日午前9時00分から午後5時00分まで)

 

 新型コロナウイルス感染症に関する人権相談窓口(大阪府)

  電話:06-6581-8634 

      平日午前9時30分から午後5時30分まで

      夜間 毎週 火曜日 午後5時30分から午後8時まで

      休日 毎月 第4日曜日 午前9時30分から午後5時30分まで

  ファクス:06-6581-8614(代表)

 

 

 

「新型コロナウイルス感染症に関連した法務大臣メッセージ」

 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者・濃厚接触者、医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別は決してあってはなりません。
 法務大臣メッセージは、YouTube法務省チャンネル(https://youtu.be/RYS00qCxo-0)をご覧ください。
 法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。困った時は一人で悩まず、私たちに相談してください。

 


相談窓口イラスト

更新日:2021年01月12日