「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産シンポジウムの開催について

 世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」を将来にわたって守り続けるために、皆様とともに「百舌鳥・古市古墳群」の価値や魅力のみならず、世界遺産の現状を理解し、ともに守っていく機運を醸成するため、下記の内容でシンポジウムを開催します。

令和4年度文化庁文化芸術振興費補助金(地域文化財総合活用推進事業)

「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産シンポジウム

 テーマ:世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」のすばらしさをみんなの手で

 【講演1】   「2つの大震災と文化遺産の役割-震災復興工事と文化財保護のはざまで-」
        山本 誠氏(公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部次長)
 【講演2】   「市民とともに、文化財を守り、伝えて」
        安村 俊史氏(柏原市立歴史資料館館長)
 【講演3】   「世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の価値や魅力を伝えるために
        -多様なアプローチに支えられて-」
        松木 武彦氏(国立歴史民俗博物館研究部教授・総合研究大学院大学教授)
 【パネルディスカッション】  世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」のすばらしさをみんなの手で
        山本氏・安村氏・松木氏 進行:伊藤 聖浩(羽曳野市教育委員会 文化財課)

 【日時】  2月19日(日曜日) 13時から16時30分

 【場所】 羽曳野市立生活文化情報センター LICはびきの ホールM
       (改札出て右、西へ徒歩約15分、羽曳野市軽里1丁目1-1 電話072-950-5500)

 【定員】 350人(事前申込み要。先着順)

 【費用】 500円(資料代)

 【申込み・問い合わせ先】
  はがき、または電子メール(電話申込不可)
  はがき、電子メールには、氏名・住所・連絡先(電話番号)と、「シンポジウム参加」と明記してください。
  ※1枚のはがき、または1通の電子メールで、5人まで申し込むことができます。
   (全員の氏名と、代表者の住所・連絡先を明記)

   〈はがきの送付先〉
   〒583-8585 大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
   羽曳野市教育委員会  世界遺産課あて
   〈メールアドレス〉
   sekaibunka@city.habikino.lg.jp

  ※新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、マスク着用、検温等をお願いします。
  ※今後の状況によっては、内容の変更または中止する場合もあります。ご了承ください。

 <主催> 羽曳野市世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」保存・活用実行委員会
       (羽曳野市教育委員会、NPO法人フィールドミュージアムトーク史遊会、羽曳野まち歩き
       ガイドの会、四十四の会)
 <後援> 羽曳野市、百舌鳥・古市古墳群世界遺産保存活用会議、大阪府立近つ飛鳥博物館

山本 誠氏

安村 俊史氏

松木 武彦氏

応神天皇陵古墳と古市古墳群(東から)

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市教育委員会事務局
世界遺産・文化財総合管理室 世界遺産課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-947-3633

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年12月28日