パスポート(旅券)手数料の納付方法の変更

平成30年10月1日から、パスポート手数料の納付方法が変わります

パスポートの交付時など、大阪府手数料の納付の際に必要な大阪府証紙は、平成30年10月1日に廃止します。これに伴い、10月1日(月曜日)からパスポート受取時の手数料の納付方法が変更になります。

これまでは、大阪府証紙と収入印紙によりお支払い頂いていましたが、10月からは現金と収入印紙によりお支払い頂くことになります。

なお、同日の平成30年10月1日(月曜日)から本庁1階2番市民課窓口において収入印紙の販売を開始します。パスポート申請の手続きなどにご利用ください。(詳細については、下記のリンク先をご参照ください。)

パスポート手数料の納付方法

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市民人権部 市民課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-956-6752

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年10月04日