子ども医療費助成制度

(令和3年4月改正後)

子ども医療費助成制度は、子どもを抱える家庭に対し、医療費の一部を公費で助成することにより、必要とする医療を容易に受けられるようにすることで、子どもの健全な育成と福祉の向上を目的としています。

助成の内容

医療機関を受診された場合に、保険診療が適用された医療費及び訪問看護利用料について助成を行っています。

〈精神病床への入院医療費について〉

平成30年4月以降に資格認定された方は、令和3年3月31日まで、精神病床への入院医療費について助成対象外となっておりましたが、令和3年4月以降、すべての受給者の精神病床への入院医療費を助成しています。

助成を受けることができる方

羽曳野市に居住し、健康保険に加入している0歳から18歳になった後の最初の3月31日までのお子様

生活保護受給中の方は助成対象外です。

所得制限はありません。

自己負担額

  •  入院・通院とも1医療機関ごと 1日最大500円

※同じ医療機関で、1か月のうち2日目(最大1,000円)まで負担。3日目以降は無料です。

※同じ医療機関であっても、「入院」と「通院」、「歯科」と「歯科以外」はそれぞれ別々に1日500円までのお支払いが必要です。

  • 入院時の食事代無料
  • 処方箋をもとに薬局でお薬を受け取る場合、薬局でのお支払い無料
  • 複数の医療機関を受診された場合、1か月最大2,500円

「子ども医療証」の交付申請について

18歳までのお子様には、「子ども医療証」を交付します。

出生や転入の場合は、下記のものをお持ちのうえ、本庁の保険年金課3-5番窓口にて、交付の申請をしてください。

 

手続きに必要なもの

  • 医療証交付(更新)申請書(保険年金課にて用意しています。)
  • お子様の健康保険証

子ども医療証の交付申請は、電子申請ができます。

申請日の翌開庁日に、医療証をご自宅に郵送します。

申請には、お子様の保険証の画像添付が必要です。以下のページから手続きできます。

子ども医療証電子申請(新規のみ)

 

qrcode

※再交付・住所変更等の手続きは、電子申請ができませんので、郵送もしくは窓口で手続きをお願いいたします

 

申請は郵送でも可能です。

申請書に記入の上、お子様の健康保険証のコピーを添付しご送付ください。到着後、医療証を自宅に郵送します。

様式のダウンロードはこちらから

医療機関を受診するときは

  • 府内の医療機関で受診するときは、健康保険証と「子ども医療証」を医療機関の窓口へ提示してください。
  • 府外の医療機関で受診するときは、医療証はご使用いただけません。後日還付申請をしていただくことで、助成を受けることができます。

国の公費負担制度の受給者証など(例えば、「自立支援医療受給者証(育成医療)」、「小児慢性特定疾病医療受給者証」、「養育医療券」など)をお持ちの方は、対象となる医療を受診された際は、必ず医療機関の窓口へ提示してください。 

医療証をなくしたときは

医療証を紛失したり、汚してしまった場合は、再交付申請が必要です。

次のものをお持ちのうえ、本庁の保険年金課3-5番窓口にて、再交付の申請をしてください。

  • 医療証再交付申請書(保険年金課にて用意しています。)
  • お子様の健康保険証

申請は郵送でも可能です。

申請書にご記入のうえ、ご送付ください。到着後、新しい医療証をご自宅に郵送します。

様式のダウンロードはこちらから

医療費の還付申請について

次の場合、医療費の還付申請が必要です。

  • 医療証が交付される前に受診したとき
  • 大阪府以外の医療機関で受診したとき
  • 入院時の食事代を自己負担したとき
  • 治療用装具等を作成した場合などで、健康保険から給付があった時

※1ヶ月の自己負担額が月の上限額の2,500円を超えた場合は、初回のみ口座登録のため申請書を送付します。口座登録後は、自動的に登録口座に振り込みます。(申請は必要ありません。)

手続きに必要なもの

  • 医療費助成申請書(保険年金課にて用意しています。)
  • 領収書原本(氏名、診療点数、金額等の入ったもの)
  • 子ども医療証
  • お子様の健康保険証
  • 保護者の振込先口座のわかるもの

治療用装具等を作成したときは上記に加えて下記のものが必要です

  • 医師の意見書と装具装着証明書(治療用装具の場合)
  • 眼鏡等作成指示書(治療用眼鏡の場合)
  • 健康保険の支給決定通知書

※助成額については、健康保険等で別途給付があった場合は、保険者との調整により決定されます。

申請は郵送でも可能です。

申請書に記入のうえ、必要書類を添付しご送付ください。

様式のダウンロードはこちらから

届出が必要なとき

次の場合、届出が必要です。 

  • 引越しをしたとき
  • 氏名が変わったとき
  • 生活保護を受給することになったとき
  • 児童扶養手当を受給することになったとき
  • 重度障害者医療の対象者で、子ども医療証の有効期限が切れたとき

 転出等で資格がなくなったときは、必ず医療証を返却してください。

 そのまま使用された場合、全額返還していただくこととなりますので、ご注意ください。

子ども医療の申請書はこちらから

様式名

こんな時に使います

医療証交付(更新)申請書(PDFファイル:137KB)

記入例(PDFファイル:166.8KB)

医療証の交付を受けたいとき

  • お子様が生まれたとき
  • 羽曳野市に引っ越してきたとき

お子様の保険証のコピーを必ず添付してください。 

医療費助成申請書(PDFファイル:120.7KB)

記入例(PDFファイル:189.4KB)

払い戻し申請が必要なとき

  • 府外の医療機関を受診したとき
  • 医療証が交付される前に受診したとき
  • 入院時の食事代を自己負担したとき

領収証の原本を必ず添付してください。 

(領収証の返却を希望する場合は、申請書の余白に「領収証返却希望」の旨を記載してご提出ください。)

※保険証を持たずに受診した場合や、治療用装具等を作成した場合などは、必要書類を案内しますので、事前にご連絡ください。

医療証再交付申請書(PDFファイル:143.8KB)

記入例(PDFファイル:160.8KB)

医療証の再交付が必要な時

  • 医療証をなくしたり、汚したとき

資格事項変更(喪失)届(PDFファイル:58.2KB)

記入例(PDFファイル:108.9KB)

医療証の内容を変更する時 

  • 名前や住所が変更になったとき

 

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 保険年金課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-9010

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年04月01日