国民年金保険料の産前産後期間の免除制度

国民年金第1号被保険者で平成31年2月1日以降に出産された方は、出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間(多胎妊娠の場合は6か月間)の国民年金保険料が免除されます。
なお、産前産後期間は付加保険料の納付ができます。
※ 産前産後免除期間は、平成31年4月以降の期間に限ります。
※ 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産(死産・流産・早産を含む)をいいます。

上記の期間は保険料を全額納付した期間としてみなされ、将来の年金受給額に反映されます。
また、対象期間のところが既に納付済みの場合は、還付の対象となります。

●届出期間
 出産予定日の6カ月前から届出可能です。なお、出産後でも届出できます。
●届出に必要なもの
□ 基礎年金番号またはマイナンバーがわかるもの
□ 母子健康手帳など(出産後、市で出生の確認ができる場合は不要)

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 保険年金課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-9010

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年04月21日