国民年金の給付

 国民年金から受けられる給付として次のようなものがあります。

 また年金を受け取る権利は発生してから一定の期日が経過しますと、時効により超過した期間の権利が消滅しますので、お気を付けください。

老齢基礎年金

 国民年金保険料を、納めた期間(第2号・第3号被保険者期間を含む)や免除期間などを合わせて10年以上ある人が、65歳になった翌月分から支給されます。

 10年以上納付記録がある方につきましては、日本年金機構から請求書が郵送されますので、到着までお待ちください。来ない方のうち納付記録が10年未満でも合算対象期間(カラ期間)を合わせると受給できる場合もありますので、ご相談ください。

障害基礎年金

 国民年金に加入している間、または20歳前(年金制度に加入していない期間)、もしくは60歳以上65歳未満(年金制度に加入していない期間で日本に住んでいる間)に、初診日のある病気やケガで、障害等級表(1級・2級)に該当する障害の状態にあるときは障害基礎年金が支給されます。

遺族基礎年金

 国民年金の被保険者等であった方が、受給要件を満たしている場合、亡くなられた方によって生計を維持されていた「子のある配偶者」または「子」に、子が18歳に達する日以後の最初の年度末になるまで(1級・2級の障害がある場合は20歳になるまで)遺族基礎年金が支給されます。

※子のない配偶者は受けることができません。

国民年金独自の給付

付加年金

 国民年金第1号被保険者ならびに任意加入被保険者(65歳以上の方を除く)は、定額保険料に付加保険料を上乗せして納めることで、受給する年金額を増やすことができます。

付加保険料:1ヶ月 400円
付加年金額(年額):200円×付加保険料納付月数
2年以上受け取ると支払った付加保険料以上の年金を受け取ることができます。

寡婦年金

 第1号被保険者・任意加入被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が10年以上ある夫が死亡したとき、生計を維持されていた妻が60歳から65歳になるまでの間支給されます。

 ただし、夫との婚姻期間が10年以上あること、夫が老齢基礎年金や障害基礎年金を受けていないこと、妻が繰り上げ支給の老齢基礎年金を受けていないことが条件となります。

死亡一時金

 第1号被保険者・任意加入被保険者として保険料を3年以上納めている人が、老齢基礎年金や障害基礎年金のいずれも受けないで死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に支給されます。

 また死亡日の翌日より起算し2年が経過したときは、時効により権利が消滅しますので、お気を付けください。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 保健福祉部
保険健康室 保険年金課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-9010

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年04月01日