菅野大漸 書道アート展 四季のよろこびとスポーツのココロ-書と絵と言葉

平成22年4月10日から平成22年6月20日までは、菅野大漸 書道アート展 四季のよろこびとスポーツのココロ-書と絵と言葉を開催しています。

菅野先生は、羽曳野市在住38年、20才の頃より大阪市内でデザイナーそして書道を生かした表現を続けながら、各地で個展(こてん)や講座をしておられます。

「文字本来の中に意味があり筆文字(ふでもじ)でさらに表情、そして絵・メッセージを添えることで 携帯電話やパソコンのメールなどの情報機器(じょうほうきき)にもまさる?書(しょ)?のあたたかみが心伝わる作品や笑顔の届く絵手紙(えてがみ)となります。」と言われています。

小学校の講座・絵手紙教室(えてがみきょうしつ)のいろんな人達との交流の中で あたりまえに思える自然のいのちの大切さを学び 共に感じ伝えてゆきたいとの思いを持って取り組まれています。

又、健康・仲間づくりのスポーツ活動の中から生まれる ココロのメッセージをユニホーム・Tシャツ等にも 筆文字(ふでもじ)の魅力で表現していただいております。

この展覧会から、一文字(ひともじ)、一文字(ひともじ)に、先生の思いがあふれるほどに込められた筆文字(ふでもじ)や絵手紙(えてがみ)の楽しさを、日々の暮らしの中で感じ、そして役立てて頂ければうれしく思います。

菅野先生作品

月曜日から日曜日まで、毎日午前9時から午後5時まで開館し、入館は無料で、祝日のみ休館となっております。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市民人権部 市民協働ふれあい課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-0397

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年04月01日