文化財資料展 古市古墳群

古市古墳群・空からの遊覧 平成23年8月6日から平成23年10月9日まで

世界文化遺産登録をめざす古市古墳群。平成22年11月には百舌鳥古墳群とともに国内暫定一覧表への記載を果たし、登録への第一歩を踏み出しました。今後、本登録に向けたさまざまな取組みを行っています。特に、古墳の近くに住まい、目の当たりにしている市民の方々のご理解とご支援が必要となってきます。

そのため、古墳をもっと身近な存在として知っていただくために、最新の航空写真で、その雄姿をご覧いただきます。空から見た前方後円墳の巨大さと造形の美しさは、それがまぎれもなく当時の大王の墓であることを改めて感じさせてくれます。

これにあわせて、各古墳から見つかった埴輪を集め、円筒埴輪の移り変わりや、人物や動物、家や盾、大刀など、いろいろな形の埴輪の造形美を紹介します。

これらの資料を通して古市古墳群の価値をご理解いただき、一層身近に感じていただければ幸いです。

古市古墳群

月曜日から日曜日まで、毎日午前9時から午後5時まで開館し、入館は無料で、祝日のみ休館となっております。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市民人権部 市民協働ふれあい課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-0397

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年04月01日