耐震改修設計補助制度【設計】

耐震改修設計補助制度

羽曳野市では、一定の要件を満たす木造住宅に対し、耐震改修設計の費用の一部を補助しています。補助を受けるには、着手前に申請が必要です。※耐震改修設計を先に着手されますと補助対象にはなりません。

対象建築物

補助対象建築物は、現在居住している、又はこれから居住しようとする、耐震診断結果の数値が1.0未満である木造住宅(賃貸住宅を除く)で、建物・土地の登記事項証明書により昭和56年5月31日以前に建築されたものであるか確認できるもの。

補助対象者


〇補助対象建築物の所有者(個人)となります。
(※所有者の直近の課税所得金額が5,070,000円未満であること。)
(※税等、市に対する滞納がないこと)
また、次の場合には耐震改修設計実施の同意書が必要となります。
 ・補助対象建築物が共有名義である場合 ⇒共有者全員の同意
 ・占有者(借家人)がいる場合 ⇒占有者の同意
 ・補助対象建築物の所有者と土地所有者が異なる場合 ⇒土地所有者の同意

補助内容

補助金の額は、耐震改修設計に要する費用の10分の7の額となります。(上限100,000円)

補助申込み

※耐震改修設計の着手は交付決定後、30日以内に行う必要があります。

原則、4月下旬から翌年1月末日までが、申請の受付期間となります。
※ただし、受付戸数が予算額に達した場合は受付終了となります。詳しくは当課までお問合せください。

※報告期限(3月15日)を過ぎると補助対象外となります。

申請書記入用紙ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 都市開発部 建築住宅課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-8067

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年04月01日