古を撮る~阿南辰秀が覗く文化財~

平成22年1月30日(土曜日)から3月28日(日曜日)までは、「古(いにしへ)を撮る~阿南辰秀がのぞく文化財」

 羽曳野市内には古からのたくさんの文化財があります。これらを保存・活用するには、その価値や重要性を多くの方々に知っていただくことが必要なため、羽曳野市では展示やパンフレットで紹介するなど文化財の普及(ふきゅう)・啓発(けいはつ)に努めています。この時に使う写真は文化財を輝かせ、人を惹ひきつけるインパクトのあるアングルや構図(こうず)で、かつ被写体(ひしゃたい)の背景に広がる古代ロマンを映し出していることが必要です。

 そのためには、文化財への正しい知識(ちしき)と撮影の卓越(たくえつ)した技術が必要で、阿南辰秀氏はその両方を備え、その精巧(せいこう)で斬新(ざんしん)な写真は研究者をはじめ、調査機関や出版社から高い評価を得ています。

 展示では、発掘現場の写真をはじめ、出土した土器や埴輪などが阿南氏の感性(かんせい)や芸術性(げいじゅつせい)でどのように表現されるのか、ファインダーを通して見えてくる古の文化財を紹介します。あわせて、阿南氏の撮影する写真から貴重な文化財への関心を一層深めていただければ幸いです。

月曜日から日曜日まで、毎日午前9時から午後5時まで開館し、入館は無料で、祝日のみ休館となっております。)

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市民人権部 市民協働ふれあい課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-0397

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年04月01日