土と戯れ自然に触れて、元気いっぱいに成長する。

ぶどう農家

左から、息子を抱っこする小林のぶたかさん、娘を抱っこする由加里さんの家族写真

小林 庸恭さん
由加里さん
源生くん
蒔季ちゃんご一家

ぶどうが特産物と知らず羽曳野市で生まれ育った庸恭さんが、世界を巡った中でぶどうの魅力にとりつかれ、駒ヶ谷へ。庸恭さんが畑で作業をしている横では、源生くん、蒔季ちゃんが土で遊ぶ、「セミ田舎暮らし」を享受している。

G-Grape Farm

住所:羽曳野市駒ヶ谷1220

電話番号:072-956-2723

G-Grape Farmへのリンク

自分の仕事場である土地で子どもと野ウサギが駆け回る

ぶどう新規就農者として駒ヶ谷に来て6年、その間に結婚して子どもが生まれました。
子どもたちは、いつも畑で遊んでいます。野ウサギが出たり、イノシシがいたり。都会では見られない光景や、できない体験を普通のことだと思って、目一杯楽しんでいますね。

手には泥がついている、まきちゃんの写真

当たり前のように毎日土まみれになる蒔季ちゃん

畑で作業する、げんせいくんの写真

畑に入るなり、スキで畑を掃除する源生くん

「いい加減」での中途半端さがちょうどいい

のぶたかさんとげんせくんが笑顔で一輪車を押し、荷台にのっているまきちゃん、それを横から笑顔で支える由加里さんの家族写真

調理師免許を持っている妻は、いちじくジャムなどなんでも手作りします。田舎暮らしに憧れていたようで、当初は「もっとなにもないところが良かった」と言っていましたが、実際生活するとなると必要な施設が遠くて大変だったでしょう。駅は近所だけれども、スーパーには車が必要。いい意味での中途半端さが、自分たちには合っていると実感しています。

僕はぶどうを木から育てているのですが、子育てにも通じるところがあるんです。これからも、子どもも、ぶどうもじっくりと、大切に育てていきます。

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 市長公室 政策推進課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-0212

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年10月04日