長期優良住宅について

お知らせ

羽曳野市長期優良住宅建築等計画認定等実施要綱の一部を改正しました。(平成27年6月1日~)

制度の概要

 長期にわたり良好な状態で使用するための措置が、その構造および設備について講じられた優良な住宅の普及を促進することを目的として、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行されました。

 法に基づき、所管行政庁による「長期優良住宅建築等計画」の認定を受けることで、住宅ローン減税(所得税、個人住民税)、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の税制上の優遇を受けることができます。

・長期優良住宅の概要、税制優遇等の詳細は下記のリンク先をご覧ください。

・認定した「長期優良住宅建築等計画」に対し、認定通知書(変更認定した場合は変更認定通知書)を交付しています。

申請手続き等について

申請手続きについて

 標準的な申請手続きは、住宅性能評価機関により、長期優良住宅法に係る住宅の性能等の事前審査を受けた後に羽曳野市へ申請する手続きとなります。

 

・事前審査を実施する住宅性能評価機関一覧は下記のリンク先をご覧ください。

・長期優良住宅の認定は、住宅性能標示制度の性能評価とは別制度ですので、上記事前審査は性能評価とは別に審査を受ける必要があります。
・認定申請より前に着工したものについては、認定できませんのでご注意ください。

審査項目について

 以下の審査項目は、住宅性能評価機関による事前審査が可能ですが、居住環境のみ羽曳野市による審査となります。

劣化対策

(構造の腐食、腐朽および摩損の防止)

耐震性

(地震に対する安全性の確保)

維持管理・更新の容易性

(構造および設備の変更を容易にするための措置)

可変性

(維持保全を容易にするための措置)

バリアフリー性

(高齢者の利用上の利便性および安全性)

省エネルギー性

(エネルギーの使用の効率性)

居住環境

(居住環境の維持および向上への配慮)

住戸面積

(住戸の規模)

維持保全計画

(建築後の住宅の維持保全、資金計画)

認定基準について

 羽曳野市内において長期優良住宅の認定を受けるためには、以下の項目ごとに定められた認定基準を満たす必要があります。

性能項目

劣化対策

耐震性

維持管理・更新の容易性

可変性

バリアフリー性

省エネルギー性

認定基準

長期使用構造等とするための措置および維持保全の方法の基準(平成21年国土交通省告示第209号)をご覧ください。

次のリンク先をクリックしてください。

性能項目

居住環境

認定基準

下記の居住環境基準をご覧ください。

性能項目

住戸面積

認定基準

戸建住宅は75平方メートル以上、共同住宅は55平方メートル以上。ただし、少なくとも1の階の床面積が40平方メートル以上。(階段部分を除く。)

性能項目

維持保全計画

認定基準

長期使用構造等とするための措置および維持保全の方法の基準(平成21年国土交通省告示第209号)をご覧ください。

次のリンク先をクリックしてください。

居住環境基準について

 長期優良住宅建築等計画の認定に係る居住環境基準は羽曳野市が直接審査します。

 認定を受けようとする住宅は、居住環境の維持および向上に配慮されたものであるために、次の認定基準の詳細に記載するすべての基準を満たす必要があります。

 認定申請をする前に、居住環境基準を満たすかどうかのご確認をお願いします。

・居住環境基準の詳細は下記をご覧ください。

長期優良住宅関連リンク集

長期優良住宅法関連情報

長期優良住宅について

一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

この記事に関するお問い合わせ先

羽曳野市 都市開発部 建築住宅課
大阪府羽曳野市誉田4丁目1番1号
電話番号:072-958-1111(代表)
ファックス番号:072-958-8067

メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年03月30日